ウメバチソウとコウリンカ

| コメント(0)


ウメバチソウ1


ウメバチソウ2


コウリンカ1


コウリンカ2


 退勤後、草むしり少々。

 ゴーヤとミニトマトが峠を越えたようだ。
 追肥すれば、元気を取り戻すのだが、今しばらく休んでいてもらうつもり。

 オホーツク高気圧から吹き出す寒気が太平洋から入って、昨日はひどく寒い一日だった。
 出張で乗った電車にはヒーターを入れて欲しいくらいだったし、帰宅後、ストーブに久しぶりに火を入れた。
 8月にストーブを燃やしたのは、ちょっと記憶にない。

 遅れている秋の農作業だが、今週末には奥秩父への業務山行の予定が入っているので、はかどりそうにない。

 読書ノートに、『高杉晋作』『吉田松陰』『壬申の内乱』を追加。

 写真は、東霧ヶ峰で見たウメバチソウとコウリンカ。

 ウメバチソウは、高原に秋を告げる。
 コウリンカは、標高2000メートル前後の草原に咲く花である。

 日本列島のミドルクラスの草原は、鹿の食害によりほぼ壊滅した。
 そんな中でコウリンカは、よく頑張って咲いている。

コメントする

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0