のらぼう菜

バラバラで

| コメント(0)

本願寺前

 南北に細長い雨雲が次々にやってくるのだが、たいした雨は降っていない。

 のらぼう菜と三陸つぼみ菜をビニールポットに種まき。
 大根とナッパ類予定地の耕耘。

 ひどく暑くはあるが、都会ほど不快な暑さではない。
 都会の暑さの原因の一つは、エアコンから排出される熱気だろう。
 自宅の近所の多くは、エアコンなど入ってないと思われる。

 写真は先日、烏丸七条で見た風景。
 さすが東本願寺だと思える深い一言。

のらぼう菜

| コメント(0)

のらぼう菜

 引き続き、草むしり。
 まずまずはかどった。

 のらぼう菜ができ始まった。
 早春は畑の端境で、食べるものに乏しいのだが、今年はネギが大量に作ってあった上、白菜の花も豊富で助かった。

 トンネルのほうれん草も、あと半月ほどでできそうなので、5月の端境も安心だ。

ピーマンラーメン

| コメント(0)

ピーマンラーメン

 のらぼう菜の鉢上げ。
 畑でピーマンが大爆発してるので、何が何でも食わねばならない。

岩谷堂廃寺2

| コメント(0)

伽藍あと


伽藍あとにも石仏

 つぼみ菜とのらぼう菜に潅水を兼ねて追肥。
 これらのメンテナンスはこれまで。
 ようやく蕾がのぞいてきたが、トウはまだ立たない。
 あと10日はかかりそうだ。

 たたら大根あとの片づけ。

 ウドの畝に稲わら掛け。
 ウドのメンテナンスも終了。

 本格的な春も、もうすぐだ。

午後の富士

| コメント(0)

午後の富士

 畑の草むしり少々。
 厳冬期に入り、草など生えないように見えるが、マルチ穴などにオオイヌノフグリやホトケノザが出ている。
 真冬になると、これらの草は根を一段と深く張って早春に備えているので、抜くにも骨が折れる。

 三陸つぼみ菜とのらぼう菜に追肥。
 これらが食える2月中旬以降に効かせるには、今くらいがちょうどよいような気がする。
 飯田冬菜はもうすぐ食べ尽くすので、畑に残っている野菜は、埋めた大根とキャベツ少々だけになる。

 写真は、鷹ノ巣山から見た午後の富士。

笹茶

| コメント(0)

笹茶

 ずっと雨模様なのだが、小降りの時を狙って、のらぼう菜小苗の植えつけ。
 大根の間引き。

 笹茶を作ってみようと思って、谷川岳でスズタケの葉っぱをいくらか摘んできた。
 ほぼ無味無臭で、癖はない。
 身体によいかどうかは知らないが、山に登れば無尽蔵にあるものなので、また摘んでこよう。

1

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0