水稲

脱穀

| コメント(0)

シラカンバ黄葉

 懸案だった脱穀終了。
 向こう一週間は秋雨前線がかかりっぱなしになるので、今日以外にチャンスはなかった。
 新しい職場に変わって初めての休暇だった。

 畑の草刈り・ゴマ刈りなどしているうちに、雨雲が広がってきた。

エゾリンドウとリンドウ

| コメント(0)

エゾリンドウ


リンドウ

 稲刈り終了。
 自分でもよく頑張ったと思う。

 二日間放置していた畑のメンテ。

 苗たちに潅水。
 玉ねぎ・宮ねぎ苗床の除草。

 たたら辛味大根の間引き。これで一本化。
 ダイコンサルハムシ・キスジノミハムシ・青虫の発生少々。特に問題なし。

 ニンニク予定地と三陸つぼみ菜予定地のうね立て。

 東吾妻山では、いたるところにエゾリンドウが咲いていた。
 鬼面山に咲いていたのは、普通のリンドウのようだった。

鎌沼

| コメント(0)

鎌沼と一切経山


鎌沼と東吾妻山

 終日、稲刈り。
 今日のうちに終わりにできるかと思って取りかかった。
 頑張ったのだが、無念の日没。
 続きはまた明日。

 写真は、鎌沼。
 ここに来たのは、初めてだった。

キクラゲ

| コメント(0)

キクラゲ


キクラゲラーメン

 雨があがってから、稲刈り。
 半日仕事で、1/3くらい。
 今年も草取りが満足にできなかったため、出来はあまりよくなかった。

 写真は、吾妻連峰で見つけたキクラゲ。

キレットへの尾根

| コメント(0)

タワー


キレットへの尾根

 今まで、仕事とバッティングすることが多く、あまり参加できなかった夏の秩父事件研究会に出た。
 といっても、司会を仰せつかったので、自分で発言する機会はなかった。
 とても刺激の多いリポートだったので、あとでしっかりまとめてみたい。

 その後夕方まで、農作業。

 ネギ・玉ねぎ播種予定地の耕耘。
 秋野菜予定地の耕耘。

 例年なら大根はすでに種まきしているのだが、昨年失敗した原因の一つは残暑に関連する虫害だったと思うので、今年は、種まきを来月まで遅らせることにした。

 田んぼの防鳥糸張り準備。
 これは途中まで。

 写真は、赤岳からキレットへの尾根。
 実際に行ってみれば大したこともないのだが、写真で見るとけっこう凄い。

鉢盛山の花たち

| コメント(0)

ツマトリソウ(


ミツバオウレン


コイワカガミ

 休み休みながら、農作業。

 田んぼのあぜ刈り。残り半分。
 田の草取りをしないと、去年の二の舞いになりそうだ。

 畑の草むしり。
 さしてはかどらないのだが、炎天下の作業なので、身体に堪える。

 インゲンの種実摘み。
 河畔の種実を摘み終えた。
 かなりの収穫になったので、煮豆が楽しみだ。

 梅干し。これで三度目。
 あともう少々、手をかける。

 写真は、鉢盛山で見た花々。
 ミツバオウレンとコイワカガミは、今年の見納めかも。

青梅旧街道の樹木

| コメント(0)

ミズナラ


ブナ


トチ


 田んぼの水がまた抜けたので、水入れ。
 そろそろ降ってほしいのだが、予想天気図をみると、前線が上がってくるのは、来週半ば以降になりそうだ。

 小麦の刈り取り。
 種まきスペースが少なかったので、収穫は少ないが、今年は鳥害をほとんど受けなかったから、そこそこ獲れたと思う。

 麦のあとは大豆予定地だ。
 雨さえ降れば種まきできるのだが、今しばらく自重する。

 そろそろジャガイモ掘りの大仕事だ。

 写真は、青梅旧街道の樹木たち。

侵入者

| コメント(0)

猪足跡

 前線が北上して、本日、梅雨入りとなった。
 もっとも、予想天気図をみると、この先しばらく、前線は北緯30度前後に停滞するので、関東地方に本格的な梅雨が訪れるのは、もう少し先だろう。

 自宅周辺で、アカショウビンが鳴いた。
 アカショウビンがまだ、生息しているのだなぁ。
 「雨降れ降れ」とは、季節にぴったりの鳴き声だ。

 宮ねぎの種とり。この秋にまく種は確保できた。
 この秋にまくのだから、植えつけは来春で、食べるのは次の次の冬になる。

 三陸つぼみ菜の種とり。こちらも種は確保できた。これは、来春の食糧。

 タマネギの収穫。
 さっそく、紐で縛って吊るした。

 自生したオカノリ苗を植え替え。
 アスパラガスの支柱立て続き。

 田んぼの水が減っていたので、水入れ。
 干上がった田んぼにイノシシが入ったらしく、イノシシの足跡だらけになっていた。

天城山のブナ

| コメント(0)

ブナ


ブナ


ブナ


ブナ

 田んぼの水が目減りしていたので、調整。
 いくらか植え継ぎしたが、とても終わらなかった。

 畑の除草と潅水少々。

 天城山は、シャクナゲもよかったが、ブナの原生林でもあるのだった。
 アズマシャクナゲというと、ツガや天然ヒノキと一緒に見ることが多かったのだが、ここではブナやヒメシャラと混生していた。

競進社模範蚕室

| コメント(0)

競進社模範蚕室

 朝から田植え。

 自宅周辺は終日雨だったが、畑や田んぼのある小鹿野市街地周辺は、曇り案配ながら青空が見えていた。
 おかけで、さほど暑い思いをせずに田植えが終わった。

 少々疲れてはいたが、午後を回ってからプチお出かけ。
 児玉町の競進社模範蚕室を見学してきた。

 これは完成形なので、木村九蔵が明治前期に考えていたものと同一とは限らない。
 しかし、温度と湿度を制御することにより好結果を得るという基本ラインですでに完成していたので、おおむねこのような蚕室(高窓付きの家屋)が普及しつつあったのだろう。

 これだけの建物を建てようとすれば、現在なら数千万円の投資が必要になろう。
 ここから、秩父民衆の負債の内容が設備投資資金だったのであったという仮説が、現実的になる。
 同時に、「秩父暴動雑録」に記載されている高利貸の暴利が、じっさいのところ一般的だったのかについての疑念も生じる。

 とても有意義な見学だった。

1  2  3  4  5  6  7  8

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0