里芋

奇木

| コメント(0)

奇杉1


奇杉2

 薪作り少々。
 ピーマンの鉢上げ。
 フシグロセンノウの株分け。

 里芋の植えつけ。
 エビ芋と生姜の植えつけ。
 春インゲン予定地の準備。

 写真は、権現山で見た奇木。

奥武蔵のブナ

| コメント(0)

ブナの尾根


ブナの根がすごい


 10月17日以来、出張を含め勤務がずっと続いていたのだが、やっと仕事のない日になった。
 でもって終日、農作業。

 小麦の芽が出ないので、まき直し。
 たぶん、間違えて古い種をまいてしまったのだろう。

 里芋掘りの続き。
 昨年、あまりの豊作に驚いたのだが、今年も昨年並みの収穫なのに、驚きはさほどでもない。
 何がよかったのか、今ひとつ不明。

 落花生あとをフォーマットして、イチゴ苗を植えた。
 農薬のかかっていないイチゴをたくさん食べたいのだが、収穫量が今ひとつだ。
 苗はいくらでもあるので、来年からは作付けを増やしてみようかと思案。

 ピーマンはまだ頑張っているが、宮ネギを食べ始めた。
 ピーマンもあと二週間もつかもたないかだが、霜げない限り、大きな実をつけ続けてくれる。
 じつに尊敬に値する。

 写真は、大持山前後のブナ。
 下のブナの根がものすごい。

雲取山からの展望

| コメント(0)

雲取山から三ツドッケ・蕎麦粒山


雲取山から飛龍山

 里芋を掘り始めた。
 去年に引き続き、今年の里芋も、豊作だ。

 コンニャク芋の分別。
 コンニャクもかなりの豊作で、種芋とキゴは、大収穫だ。

 ゴム手袋も買ってきたので、今年のコンニャク作りもそろそろスタートだ。

 写真は、雲取山からの展望。

北岳の朝

| コメント(0)

20時前の西の空


夜明けを待つ富士山


朱に染まる空


朝の槍・穂高


 里芋に追肥。
 ニンニク掘り終了。
 石倉ネギの植えつけ。途中まで。

 写真は、北岳の朝。

北岳

| コメント(0)

北岳ご来光


 ちょっくら北岳に行ってきた。

 日曜日の朝、乗合タクシーを使って広河原から入山。
 八本歯コースからトラバースルート、途中から尾根に上がって北岳に至った。

 冷たい強風に吹かれて、かなり消耗してしまい、肩ノ小屋に宿泊。
 終日ガスのため、展望皆無。
 小屋ではほとんど何もせず、ひたすら身体を休めた甲斐あって、元気を回復した。

 今朝は、4時半前にご来光。
 一転して、快晴だった。

 今日は、肩ノ小屋から小太郎山に行き、少し戻って右俣コースを大樺沢へ下り、白根御池で少々休んで、尾根コースを広河原へ下山した。
 草すべり上部のお花畑がとてもみごとだった。

 秩父へ戻って、農作業。

 里芋に麦わら掛け。
 ゴーヤの整姿。
 除草少々。

 写真は、今朝の肩ノ小屋からのご来光。
 大弛峠から陽が昇った。

里芋土寄せ

| コメント(0)

クワガタソウ


サクラソウ

 里芋の土寄せ。
 このあと、根元に麦わらをかけてやれば、里芋作業はほぼ終了となる。
 今年もうまくいくだろうか。

 大豆種まき準備。

 今夜は曇り予報だが、少し降るかもしれない。
 やはり今は、雨がほしい。

 読書ノートに、『チェルノブィリの祈り』を追加。

 写真は、表参道で見た花たち。

梅雨入り

| コメント(0)

大桂


大栃


樹種不明の大木

 久しぶりに、しっかりした雨が降った。

 夕方前にあがったので、畑で里芋土寄せ準備。
 里芋はようやく、芽が出そろったところだが、梅雨から土用にかけて、急激に成長する。
 ここで追肥・土寄せする効果はとても大きい。

 雨あがりだったので、畑に長居はしなかった。
 おかげで身体がいくらか、休まった。

 読書ノートに、『沈みゆく大国アメリカ』を追加。
 この著者の前著と重複する部分はまったくないのだが、なぜかタイトルは同じなのである。

 写真は、表参道の大木たち。

雑木林の蝶たち

| コメント(0)

ルリシジミ


テングチョウ


ヒオドシチョウ


 まだちょっと寒いのだが、里芋の植えつけ。

 使っていたパソコンが壊れたので、新パソコン導入。
 復旧できるところは復旧したいのだが、思うようにはいかない。
 写真データがかなり失われたのが痛い。

 何が起きるかわからないのだから、バックアップはこまめにとったほうがよい。

 写真は、先日の廃道歩きで見た蝶たち。

里芋畑

| コメント(0)


里芋畑


 休日出勤で、終日外回り。
 さすがにいささかお疲れ気味である。

 昨日から東日本は、太平洋高気圧に覆われているので、梅雨が明けたというべきである。
 気象庁が梅雨明けと言っていないのは、エルニーニョに遠慮しているんだろうが、今少しで真夏日という日が明日を含めて3日続くのだから、梅雨明けというべきである。

 里芋のウネの除草を始めた。
 麦わらマルチと防草シートのおかげで、抑えられていた雑草が伸び始めた。
 里芋は、暑くなると一気に伸びるので、ここで少々追肥して、草をむしってやればほぼ完成である

 早めに帰宅して、小麦の脱穀。
 長く雨続きだったので、一部は悪くなっていたが、まずまずの収穫だった。
 トウミ掛けまでこなした。

 『蓮如』の読書ノートを追加。

ラミーカミキリ

| コメント(0)


ラミーカミキリ


 明日夕刻から雨予報だが、たぶんこの時点で梅雨入りになるだろう。
 畑仕事でやれるところは、晴れているうちにやっておかねばならない。

 里芋に敷きワラ。
 里芋に関する作業は、これでほぼ終了。

 小麦あとを耕耘。
 ここはインゲン豆予定地となる。
 インゲン豆は、早まきすると結実しないので、まだまかない。
 大豆・小豆も同様。

 ジャガイモ掘りの続き。
 今日はシンシアとシェリー。
 これらは昨年とったヒネ芋を使った。
 芽をむしったヒネ芋は力が弱っているから、発芽したあとの芽掻きを丁寧にやらないと、小さなゴミ芋ばかりできてしまう。

 庭に自生したカラムシにラミーカミキリがとまっていた。

1  2  3

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0