ニンジン

雪化粧

| コメント(0)

雪化粧


 大根の種まきをすませた。
 今年も、たたら辛味のみ。
 ちゃんとメンテすれば、100本くらいはとれる心算。

 人参も種まき。
 梅雨の末期にまいたのはほとんど発芽しなかったので、まき直し。

 除草少々。

 カボチャを片づけ始めた。
 今年のカボチャは雪化粧だ。
 白爵同様、白っぽいカボチャだが、白爵ほど白くない。

 この時期は夏野菜を始め、食べるものに事欠かないので、カボチャは晩秋以降に食す。
 となると、保存性に優れた品種を選ばざるをえないのである。

 読書ノートに、『洪思翊中将の処刑』『開聞岳』を追加。

ラッキョウ本漬け

| コメント(0)

ラッキョウ本漬け


 朝から雨降り。
 野良仕事がはかどらないことより、身体を休めることができる喜びが大きい。
 おかげで、ラッキョウの本漬けの残りを仕上げることができた。
 今年はラッキョウがたくさん採れたので、昨年の2倍以上漬けることができた。

 午後から畑で農作業。

 秋インゲンの種まき準備。
 秋ニンジンの種まき準備と種まき。
 大除草。

 自宅で第二次キュウリの種まき。

マタタビの葉

| コメント(0)


マタタビ


 天気は相変わらずよくないが、降り続いているわけではないので、やみ間に農作業。

 小豆の種まきとニンジンの種まき。
 ニンジンをまいたのは久しぶりだ。

 ルバーブの収穫。草むしり少々。

 マタタビの葉が白くなってきた。
 真夏が近づいている。

 『官僚とメディア』『日本の公安警察』の読書ノートを追加。

ものみな凍る

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日も終日、農作業。

 自然薯の種芋を畑に埋蔵。
 土に埋めたのち、わらをかぶせてブルーシートを掛けた。

 昨日耕したところにウネを立てて、大根とニンジン・カブの種まき。
 トンネルはこれで6本目だ。
 自然薯の跡地は来年、大豆を作るつもりだから、大豆の種まきまでに、葉菜や根菜を作っておく。

 菜っ葉のトンネルに灌水。

 黄色ニンジン(イエロースティック)の片づけ。

 このところ、朝の気温は連日、マイナス6度弱まで下がっている。
 こうなると、凍った土はもう、とけない。
 根が凍るとさすがに、秋野菜は枯れてしまう。
 それどころか、収穫し遅れたカブなどは、ついぞ抜けなくなってしまう。

 長靴を履いて凍った畑にいると、足の指先も凍りそうだ。

 着々と草むしりをしているので、今年の畑は例年になく、きれいになっている。
 ただ、明後日から北アルプス方面への長期業務山行が入っている。
 この期間に草が増えるだろうが、やむを得ない。

 秋ニンジンの種まき。
 種まきしたあとには潅水が欠かせないので、雨が降ってくれれば助かるのだが、山での雨は覚悟しているとはいえ、うれしくない。
 このあたりは、ビミョーなのである。

 自宅で紙ポットにまいたカリフラワーが発芽。
 つづけて、紙ポットにキャベツも播種。
 これらは下山後に植えつける予定。

 ところで、先月のことだが、菅首相が、原発とエネルギーの問題に関連して、かなり鋭い発言をしている映像を見つけた。

おじいさんが山で芝刈りにおばあさんは川に洗濯に、そこまではいかないけれどもそういう事をベースにする社会を選ぶのか、それとも一見便利なようだがものすごく怖い様な事を思い描くような社会を選ぶのか、それは冒頭申し上げましたように 私達がこの地球を貸してもらっている未来の子どもたちや孫たちの気持ちも含めて、最終的には国民が選択する国民が決める事だと思います(内容書き出しはこちら)



 菅氏はここで、危険な原子力を使って大量生産・大量消費社会を維持するのか、自然エネルギーによって同様の社会を維持するのかという問題ではなく、エネルギーを使わない社会と、便利だが怖い社会のどちらを選ぶかだと、述べている。

 再生可能エネルギー促進法案には、利権などの弱点があるかもしれない。しかし、原発利権に比べれば、列島と地球をこれ以上汚さないという意味で、重要な一歩と言えるのではないかと思う。

 マスメディアは、菅首相がいつ辞めるかということばかり報道しているが、この発言のように重要な問題を、どうして報じないのだろう。

 現時点で、同法案に賛成しているのは、民主党と社民党の議員が多いが、自民党・公明党・みんなの党その他にもわずかだが賛成者がいる。
 国会に議席を持つ政党では、共産党に賛成者が一人もいない。

 このところ朝は氷点下になっているのだが、まだまだ暖かい。
 とはいえ、橋の上などは霜が降って凍結しており、今朝などもスリップ事故が起きていたから、要注意だ。

 落ち葉堆肥の二回目の切り返し。
 出来は、至極順調だ。
 大仕事だが、切り返しあと一回で、あとは熟成期間に入り、次を仕込まねばならない。

 並行して、畑の枯れ草・夏野菜の残骸燃し。
 これも冬に必須の作業で、畑の整理とカリ肥料補給の一石二鳥になる。
 一度では燃しきれないから、風の弱い日を選んで、何度か燃やす。

 キクイモの掘りとり。
 これで掘るものは終了。

 夏の猛暑で、ニンジンもしくじったのだが、まき直した分はどうにか成長した。
 しかし根の太りが不十分だから、ビニールを掛けて保温してやらねばなるまい。
 8月中旬にまいた白ニンジンはほとんど枯れたが、生き残った分は見事に成長した。

1

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0