シカクマメ

ヤマエンゴサク

| コメント(0)

ヤマエンゴサク

 ほぼ終日、農作業。

 昨日の最低気温は1.4度(公式)だった。
 これは、確実に降霜する気温だ。
 連休明けで、仕事がハードだったため、苗たちは無防備だったのだが、今回は西瓜が壊滅し、ピーマン数本がダメージを受けただけで助かった。

 5月8日の降霜は、ちょっと油断していたが、通りすがりのご老人から、「いろんな苗は5月8日から植えるものだ」という格言を聞いた。
 来年以降に活かしたい。
 さっそく、西瓜の種まき。

 ケツメイシ小苗の植えつけ。
 四角豆小苗の植えつけ。
 大除草の続き。
 ジャガイモの土寄せ。

 写真は、妙徳山で見たヤマエンゴサク。

ピーマン鉢上げ

| コメント(0)

ピーマン

 ビニールポットに、エゴマ・エンサイ・ベルガモット・四角豆の種まき。
 フシグロセンノウの鉢上げ。

 玉レタス小苗の植えつけ。
 トンネルに潅水。

 草むしり。
 ニンニクに追肥。
 冬越しのえんどう豆に支柱立て。

 鉢上げしたピーマンは、衣装ケースに入れて室内で管理する。
 植えつけは、一ヶ月後だ。

四角豆炒めもの

| コメント(0)

四角豆炒めもの

 のらぼう菜苗の植えつけ。こちらはあと少し。
 ほうれん草(次郎丸)の種まき。
 草むしり。
 ねぎ・玉ねぎ小苗に追肥。
 
 四角豆の支柱は台風で倒壊したのだが、すべて枯れたわけではない。
 四角豆は、香ばしい莢豆だが、収穫期がやや短く、そろそろ終わりになる。
 青椒肉絲風に炒めると、とても美味い。

雑木林笑う

| コメント(0)

雑木林笑う

 四角豆と宿根ソバの植えつけ。
 宿根ソバは、その名に反して冬の間に根まで枯れる。
 葉を食うのだが、美味しいのだろうか。

 カボチャ・キュウリ・山くらげなどの植えつけ準備。

 写真は、四阿屋山鳥居山コース。

ウド葉ゴマ浸し

| コメント(0)

ウド


 午前中に八十八夜のお日待ちがあったので、ほぼ終日、休み。

 薪作り少々。

 四角豆小苗の植えつけ。
 キュウリに支柱立て。
 各種小苗たちに潅水。

 畑のウドが絶好調だ。
 今の時期のウドは葉先も柔らかいので、ゴマ浸しにすると美味い。

四角豆

| コメント(0) | トラックバック(0)

四角豆炒めもの

 前線も低気圧も見あたらないのだが、北高型気圧配置だと天気がぐずつく。
 終日、霧雨模様の一日。

 タカキビの収穫。
 糯キビあとの片づけ。

 夏の間、茂ってばかりだった四角豆がようやく、できはじめた。

 『農耕社会の成立』の読書ノートを追加。

田んぼ始動

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヤブレガサ


 新緑の里山の、至るところにフジの花が咲いている。
 人の手の入らない昨今の里山は、フジだらけなのだ。

 昨日同様、午前いっぱい薪を作って、午後は農作業。
 薪作りは順調だが、難物がいくらか残っている。

 陸稲の種まき。
 今年もマルチを張って、直播きした。

 シカクマメとオクラの種まき。
 いずれも直播。

 プロッコリー購入苗の植えつけ。
 ニンジン・トマト・ナス・ピーマンに追肥。

 畑では、早春にまいた葉菜類(ホウレンソウ・チンゲンサイ・サラダ菜・カブ)とウド・アスパラガスが好調。
 早生タマネギ・大根もまもなく食べられそうだ。

 田んぼに移動して、あぜ刈りと管理機で耕耘。
 これで日没。

 今日は写真を撮ってる暇がなかったので、南小太郎山で見た、ヤブレガサ。

大麦・小麦

| コメント(0) | トラックバック(0)

大麦(右)・小麦(左) 2011/12/12
大麦(右)・小麦(左) 2012/5/11

 先月来、分刻みでこなさねばならない仕事が続いており、本来の仕事が窮屈になっている。
 おそらく意図的にそうさせているのだろうが、あとでどんなしっぺ返しが来るか、知れたものではない。

 出勤前に、四角豆とワタの播種(直播)。

 大麦に続き、小麦も出穂した。
 昨年冬と比べると、じつに力強い。

1

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0