フシグロセンノウ

米山の花々

| コメント(0)

トキワイカリソウ


ヒメシャガ


ショウジョウバカマ


 春に種まきしておいたフシグロセンノウが、首尾よく発芽した。
 ここまで挿し木と株分けで増やしてきたのだが、実生で作れれば、手間がかなり省ける。
 センノウ小苗をプランター上げ。

 畑の畦にクコが自生している。
 若葉を佃煮にして食べていたのだが、自生クコは早くもクコフシダニにやられて、食べることができなくなった。
 新鮮なクコを食うために、何本か挿し木。

 薪作り少々。

 田んぼのあぜ刈り。
 水入れ前の耕耘。日没のため、これは途中まで。

 写真は米山の花々。

西山峠周辺の花2

| コメント(0)

ホウチャクソウ


チゴユリ


ジュウニヒトエ

 フシグロセンノウをムクゲ公園に届けた。
 第一次分と合わせて、120ポットほどになったと思う。
 今年はぜひ、咲いているころに見に行きたい。

 落花生の芽出しが今ひとつなので、まき直し。

 田んぼに肥料撒き。あぜ刈り少々。

 畑の除草。

 今日の写真も、西山峠の花々。

終日農作業

| コメント(0)

ウド


 フシグロセンノウの小苗をムクゲ公園に届けた。
 届けたのは、ビニールポット約50鉢だが、まだ小苗はずいぶん残っているので、来月にまた持っていきたい。
 喜んでいただいているので、こちらも嬉しい。

 ほぼ終日、農作業。

 ビニールポットに四角豆の種まき。
 キュウリ発芽。
 オクラ発芽。

 コンニャク芋の植えつけ。

 エゴマ小苗とブロッコリー苗の植えつけ。
 除草少々。
 ピーマン予定地の耕耘・畝立て・マルチ張り。

 畑の栽培ウドが出始めた。

奇木

| コメント(0)

奇杉1


奇杉2

 薪作り少々。
 ピーマンの鉢上げ。
 フシグロセンノウの株分け。

 里芋の植えつけ。
 エビ芋と生姜の植えつけ。
 春インゲン予定地の準備。

 写真は、権現山で見た奇木。

高山からの展望

| コメント(0)

下津川岳・小沢岳


毛猛山


守門岳

 午前中出勤したが、午後は在宅。

 ピーマンの鉢上げ。
 すでに30本ほどをビニールポットに植え替えた。
 まだ屋外には出せないが、加温しない室内でしばらく育てる。

 ルバーブとフシグロセンノウの種まき。
 フシグロセンノウは、挿し木と株分けで増やしているのだが、実生ができれば、能率が飛躍的に上がる。
 さて、芽が出るか。

 暮れに買ってきたミヤコワスレも植え替えた。

 今年はミントティーを作ってみたいので、枯れそうになって、価格1/4セールになっていたペパーミントを3鉢買ってきた。
 ちゃんと世話してやれば、10株くらいにはなりそうだ。

 写真は引き続き、高山からの展望。

鹿ワイン煮

| コメント(0)

鹿煮

 フシグロセンノウの植え替え。
 今年も、かなりたくさん寄付できそうだ。

 種ジャガイモの棚卸し。
 アバウトだが、シンシア・十勝こがね・北紫をあわせて、23キロほどあった。
 これだけあれば、十分だ。
 十勝こがねは、ほとんど消耗していない。
 ジャガイモの中で保存性という点で、ナンバーワンだろう。

 宮ネギ苗の植えつけ準備。
 3分の1ほど植えつけて時間切れ。

 土曜日に携帯電話が壊れたのでショップに行ったら、対応するまで2時間半待ちと言われた。
 ちょっとやってられないので、とりあえず退散。
 今日また、ショップに行ったら、3時間待ちなので暇つぶししてきてよいと言われた。
 べつに暇じゃないけどね。

 しばらく野良仕事をして、また出かけたら、今度は対応してくれて、べつに壊れていないと言われた。
 貴重な時間を費やしたが、壊れていないのであれば、まぁよかった。

 鹿の足をいただいた。
 ありがたい。
 骨から肉を削いで、半分は朝から茹でて、半分は燻すために味付け食塩水に漬けた。
 茹で肉がいくらか柔らかくなったので、変わり映えしないが、夕方からまたワイン煮にした。

 読書ノートに、『日本海軍はなぜ過ったか』『光と影』『人間魚雷』を追加。

フシグロセンノウ

| コメント(0)

フシグロセンノウ


フシグロセンノウ

 早暁と日没後に土砂降りの雨。
 それでも、やみ間はあるので、農作業。

 今朝の驟雨で倒伏したキュウリを立て直し。
 キャベツの植えつけ準備。
 大除草。

 キュウリの種取り。
 キュウリの種は2年経つと発芽率が一気に落ちる。
 この種は、大切に保管したい。

 経ヶ岳ではフシグロセンノウがよく咲いていた。
 ムクゲ公園のはどうなってるだろうか。

大菩薩界隈のきのこ2

| コメント(2)

ウスタケ1


ウスタケ2


カイメンタケ


ハナビラダクリオキン

 朝から集落の祭礼。

 夕方に農作業。
 草むしりの続き。

 梅雨前線はまだ残っているが、太平洋高気圧が目の前まで来ている。
 梅雨明けは近い。

 梅雨が明けると、雑草の根が地面に固く食い込んで、抜くのにひどく力が必要になる。
 とはいえ、来る日も来る日も草むしりばかりでもつまらない。

 フシグロセンノウ挿し木苗の鉢上げ。

 写真は、大菩薩界隈のきのこ2。

雲取山の花たち

| コメント(0)

オオヤマザクラ


ハルリンドウ


ミヤマカタバミ


イワボタン


イワウチワ

 さまざまに段取りの悪い一日だった。

 朝は薪割り。これは問題なし。

 午後、ムクゲ自然公園へフシグロセンノウを届けに行く。これも問題なし。
 その足で田圃の畦刈りの続きをしに行ったが、刈払機が相変わらず動かず。

 帰宅して刈払機にオイルを足したが、やはり動かず。
 刈払機修理のため秩父市まで出かけたら、定休日だった。

 やむなく、日没まで畑作業。
 草の出始めた空き地を耕して除草。
 アスパラメンテが急がれる。

 写真は、雲取山登山道の花たち。

幸福のイワウチワ

| コメント(0)

イワウチワ1


イワウチワ2


イワウチワ3


イワウチワ4


イワウチワ5


イワウチワ6

 午前中、自宅でちょっとした園芸作業。
 数年前からフシグロセンノウを挿し木で増やしているのだが、野草なので、毎年植え替えてやらねばならない。
 できれば寄贈したいところもあるので、多少の手間はかかるが、今少し増殖する。

 春いんげんの植えつけ。
 ヤーコン植えつけ準備。ヤーコンは早くも、芽が吹いてきた。
 ビニールポットに玉レタスの種まき。
 簡易温床のピーマンがようやく発芽し始めた。
 ジャガイモも早い株は芽を出している。
 農作業に追いまくられる日々が近づいてきた。

 写真は、昨日見たイワウチワ。
 個体により、色合いが微妙に異なるのだが、淡いピンクは、中年男の心をも、そこはかとなくハッピーにさせる。

1  2

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0