ケツメイシ

ヤマエンゴサク

| コメント(0)

ヤマエンゴサク

 ほぼ終日、農作業。

 昨日の最低気温は1.4度(公式)だった。
 これは、確実に降霜する気温だ。
 連休明けで、仕事がハードだったため、苗たちは無防備だったのだが、今回は西瓜が壊滅し、ピーマン数本がダメージを受けただけで助かった。

 5月8日の降霜は、ちょっと油断していたが、通りすがりのご老人から、「いろんな苗は5月8日から植えるものだ」という格言を聞いた。
 来年以降に活かしたい。
 さっそく、西瓜の種まき。

 ケツメイシ小苗の植えつけ。
 四角豆小苗の植えつけ。
 大除草の続き。
 ジャガイモの土寄せ。

 写真は、妙徳山で見たヤマエンゴサク。

ケツメイシ調整

| コメント(0)

ケツメイシ

 体調がようやくもとに戻りつつある。

 ケツメイシの調整。調整の過程でかなりロスしたが、5リットルもあればたくさんだ。
 というか、これをいったいどうすればいいのか。

 エゴマの調整。
 今年はひどい貧果である。
 刈り取った株の量からして、こんなはずはないので、ほとんど鳥か何かに食われたのだと思う。

 仙台芭蕉菜の抜き取り少々。
 とりあえず漬けるが、まだ大量に残っているので、これをどうするか、考え中。

 自宅のログストッカーを作り始めたのだが、道具が壊れたので、続きはまた後日。

鋸岳と駒ヶ岳

| コメント(0)

鋸岳と駒ヶ岳

 二日休んだら、風邪が終息してきたので、普通に出勤した。
 たぶん大丈夫。

 夜なべに、ケツメイシ処理。
 さやから種子の取り出し。
 最も簡単なのは、ミキサーで撹拌・振動させて種を取り出すやり方だった。
 ただし、ミキサーは小容量なので、ほぼ一日中やってても終わらない。

 写真は、伊那谷の西側・物見や城から東を望んだところ。
 鋸岳と駒ヶ岳が見えている。

ケツメイシ

| コメント(0)

ケツメイシ

 一年ぶりに沢靴を履いて、浦山川・細久保谷へ。
 遡行したのはわずかな区間だが、美瀑もあって楽しかった。
 ゴミも少なかった。
 デジカメを軽トラに忘れて入渓してしまったため、写真を撮ることができなかったのは残念だった。

 午後は雨予報だったが、降らなかったので、農作業。

 玉ねぎ苗の植えつけ。
 予定していた約400本ほどを植えた。
 年内の植えものはこれで終了。

 ケツメイシの刈り取り。
 今年は10本ほど植えたのだが、とてつもなく巨大化して、周囲の作物が枯れるほどだった。
 軽トラに積み込むとロープで縛ってようやく運べるくらいの量だ。
 これを処理するのは気が重い。

ケツメイシ茶

| コメント(0)

ケツメイシ茶

 2013年に作った薪置き場は、季節風で屋根が吹っ飛び、掘っ建て柱も腐食してきたので、この早春に片づけた。
 掘っ建て小屋より、単管細工の方が容易なので、単管パイプで薪置き場再建。
 すべて一人でやるので時間はかかるが、なんとかなる。

 今日は、棟だけ上げた。
 屋根工事はまた、これから。

 庭の手入れ。
 ギボウシ・イカリソウ・フシグロセンノウなど、好きな草花を植えた。

 畑の草むしり少々。
 
 最近は、ケツメイシ茶なんか飲んでいる。
 何に効くかは不明。

ヤマツツジ

| コメント(0)

両神山とヤマツツジ

 ジャガイモの芽かき。
 キュウリ小苗・ケツメイシ小苗の植えつけ。
 人参の間引き。

 第二資材置き場作りの続き。

 自宅の周囲では、ヤブサメやヤマガラの声が聞こえる。
 この冬の寒さが未だ身にしみているのだが、四阿屋山ではヤマツツジが初夏の到来を告げていた。

ケツメイシ

| コメント(0)

ケツメイシ

 このところ、氷点下の日が続いている。
 冷え込みとしてはまださほどひどくなく、例年並みだ。
 晩秋になり、取り込むべきものが多くて、なかなか手が回らない。

 庭のキウイの取り入れ。
 早くしないと霜げてしまいそうなのだが、追熟させないとまだ酸っぱい。

 ケツメイシ種さやの摘み取り。
 これは煎じて粉末化し、お茶にするつもり。

 霜が降りる前に摘んで乾燥しておいたヤーコン葉を挽いた。
 これは苦いので、ときどき飲む。
 仕事中は、ネマガリタケ茶を飲んでいるが、こちらはとても飲みやすい。

1

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0