エゴマ

ムラサキ坊主

| コメント(0)

ムラサキ坊主


 ほぼ終日、農作業。

 京芋掘り。途中まで。
 草むしり。

 エゴマの収穫。
 いつもはもっと遅くなってから刈り取るのだが、脱粒が甚だしいと感じているので、一部まだ青い部分もあるが刈ってしまった。
 大きなビニール袋に入れてしばらく乾燥させてから、叩いて脱穀する。

 シソの種の収穫。
 こんなのをわざわざ収穫したことはないのだが、自生したシソとは別に植えておいたものがあったので、種をなにかに使おうと思っている。

 赤大豆の試し抜き。
 あまりいい種をまけなかったのだが、出来はまずまず。

 おととい摘んできたムラサキ坊主を西洋酢漬けにした。
 おりしも人参もできてきた。
 美味しくてありがたい。

ピーマン鉢上げ

| コメント(0)

ピーマン

 ビニールポットに、エゴマ・エンサイ・ベルガモット・四角豆の種まき。
 フシグロセンノウの鉢上げ。

 玉レタス小苗の植えつけ。
 トンネルに潅水。

 草むしり。
 ニンニクに追肥。
 冬越しのえんどう豆に支柱立て。

 鉢上げしたピーマンは、衣装ケースに入れて室内で管理する。
 植えつけは、一ヶ月後だ。

スティッキオ

| コメント(0)

スティッキオ


イタ飯


 エゴマの刈り取り。
 エゴマも例年、大量に脱粒してしまうのだが、今年はどうだろうか。
 秋になって数本が枯れたので、あまりとれないかもしれない。

 ケツメイシ処理の続き。
 大量のさやを手でむしり終えた。

 スティッキオという野菜の種を売っていたので、秋口にまいておいた。
 作ってみると、これはサラダ的に食べるフェンネルの品種らしい。

 食べられそうなほどになったので、摘んできてイタ飯にした。
 エスニックで、まぁまぁいい感じ。

エゴマ

| コメント(0)

エゴマ

 終日、農作業。

 刈っておいたエゴマとゴマの脱粒と唐箕かけ。
 エゴマは問題なかったが、黒ゴマは唐箕をどんなに弱く回しても、ゴミより先に飛んでいってしまう。
 中身がスカスカなんだろうか。
 来年はエゴマだけにしよう。

 エゴマは調整後、約一升ほどとれた。
 一年間、ゴマに不自由しないと思うと、とてもリッチな気分である。
 さっそく大根葉佃煮に入れてみたが、香りがよい。

 畑で、里芋掘り。
 インゲンと大豆摘み。

 今日は、エゴマの枯れ茎で風呂を湧かした。

大根葉佃煮

| コメント(0)

大根葉佃煮

 エゴマの収穫。
 エゴマは完全に枯れたときにはほぼ脱粒しているから、茎や花がらの一部がまだ黄緑色のときに収穫したほうがよい。
 また、大きく育つので倒伏しやすいのだが、倒れると茎が曲がって収穫後の処理がしにくくなるから、株間を大きくとるとともに倒れないように支柱を立ててやったほうがよい。

 夜なべにインゲンの処理。

 大根を本格的に食べることができるようになった。
 厳冬期になるまでは、大根の葉っぱも美味い。
 大根葉佃煮など作ってみたはいいが、ご飯が進んで困ってしまう。

終日農作業

| コメント(0)

ウド


 フシグロセンノウの小苗をムクゲ公園に届けた。
 届けたのは、ビニールポット約50鉢だが、まだ小苗はずいぶん残っているので、来月にまた持っていきたい。
 喜んでいただいているので、こちらも嬉しい。

 ほぼ終日、農作業。

 ビニールポットに四角豆の種まき。
 キュウリ発芽。
 オクラ発芽。

 コンニャク芋の植えつけ。

 エゴマ小苗とブロッコリー苗の植えつけ。
 除草少々。
 ピーマン予定地の耕耘・畝立て・マルチ張り。

 畑の栽培ウドが出始めた。

大松山からの展望

| コメント(0)

鹿島槍


後立山


高妻山


 自動車のタイヤ交換依頼。

 ビニールポットに各種夏野菜の種まき。
 春インゲン(マンズナル)・オクラ・キュウリ・ゴーヤ・キャベツ。
 フシグロセンノウもたくさんあるので、苗の置き場がない。

 ミニトマト(アイコ)を3本買って、植え替え。
 エゴマ発芽。

 落ち葉堆肥箱の片づけ。
 宮ネギ苗に落ち葉と稲わら掛け。これは途中まで。

 写真は、大松山からの展望。
 登山自体は面白みに欠けたが、展望はよかった。
 春霞のため不鮮明だが、北アルプス・頸城の山などがよく見えた。

八海山遠望

| コメント(0)

八海山


八海山

 フシグロセンノウの植え替え。
 エゴマの種をビニールポットに種まき。これは、温床で催芽する。

 ニセアカシアのよい薪をいただいたので、薪積み。

 えんどう豆に支柱立て。
 玉レタス小苗と、ペパーミントの植えつけ。
 草むしり少々で日没。

 今日の写真も、八海山。

ノポット

| コメント(0)


サザンカ咲く


 土曜日は、地形図「原市場」でいう、「ノポット」というピークを歩いてきた。
 原市場中学校から地形図の「周助山」に登り、あとは尾根伝いに豆口峠から子ノ権現まで行って、吾野駅へ下山した。
 道標が少ないというふれこみの山域だったのだが、目印テープなどが多く、読図トレには今ひとつだったが、子ノ権現で足腰守護のお守りを受けてくることができた。

 下山後、自宅でゆず採り。
 その後、瀬音・源流部会の忘年会。

 今日は朝から、エゴマの調整。エゴマの調整はこれで終了。
 ボイラ用薪の準備。

 畑に行って、枯れ草燃し。

 写真は、ほとんど植林ばかりの里山で見た、野のサザンカ。

クリもいろいろ

| コメント(0)


枯れたクリ大木


元気なクリ大木


枯れそうなクリ大木


ド迫力クリ


痛々しいクリ


 いつ降り出すかわからない雲行きだったので、今日は一日、農作業。

 たたら辛味大根の埋蔵。
 大きくなったもののみ、埋めた。

 エゴマの収穫。

 小豆とインゲンの片づけ。

 大除草。
 一見すると、雑草が少なくなったようにも見えるが、ホトケノザやオオイヌノフグリが来春の開花準備に余念がない。

 自宅で、エゴマの調整。
 ことしはけっこうたくさんとれた。

 白菜の漬け込み。

 写真は、昨日見たいろいろなクリ。

1  2

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0