マツダランプ

| コメント(0)

マツダランプ

 久しぶりに立岩に行ってきた。
 23年前と同じコースだが、相変わらず、胸のすく展望が気持ちよかった。

 夕方から、瀬音・源流部会の忘年会。

 今朝の気温は氷点下6.1度。
 この冬初めて、水道が凍った。

戦場山城址

| コメント(0)

主曲輪上の小祠

 皆野町の戦場(せんば)山城址を歩いてきた。
 空堀や曲輪がよく残っていて、面白い。

 落ち葉かき少々。

 写真は主曲輪上の小祠。

落ち葉

| コメント(0)

落ち葉

 落ち葉かき少々。
 薪作り少々。

 軽トラのタイヤ交換。
 明日は雪予報が出ているので、ちょっと急いだ。

 今朝は公式発表で氷点下2度。
 ここまで暖かかったので、ずいぶん寒く感じた。
 もっとも、厳冬期なら、暖かく感じる気温だ。

 落ち葉散り敷く季節。
 厚く積もった落ち葉に感じる幸福。

火とぼし岩

| コメント(0)

火とぼし岩

 また南牧村に行ってきた。

 南牧村・火とぼし岩。
 盆の送り火の起源がここでは、戦国領主を撃退する狼煙だったとされている。
 えらく人望のない領主である。
 眼下は山仲集落。正面の鉄塔下に蓼沼の一軒家が見える。その上が大屋山である。

 帰宅後、柚子煮ひと鍋。

北光正宗

| コメント(0)

北光正宗

 終日、秩父事件関係の集まり。
 XVのタイヤ交換。これは自分でできないので、ディーラーさんに依頼。

 信州飯山の北光正宗。
 木島平産米。
 麹の甘みがやや強いが、バランスがよい。
 雪が溶けたら、このあたりの山を歩きに行ってまた飲んでみたい。

柚子マーマレード

| コメント(2)

柚子マーマレード

 サルトルの『実存主義とは何か』を久しぶりにノートとりながら読んだ。
 相変わらず、得るところ多し。

 柚子が10キロ強とれたので、煮始めた。

梅干

| コメント(0)

梅干

 2017年は梅の当たり年だったので、約16リットル(13キロ位)漬けた。
 これだけあれば死ぬまでもつかと思ったが、1年で半分食べてしまった。
 でもまだ半分残っている。とても美味い。
 おれはたぶん、梅干作り名人だと思う。

甘酢漬け

| コメント(0)

甘酢漬け

 庭の柚子とり。
 今年は、成り年のようだ。

 穏やかな毎日だが、真冬がすぐそこまで来ている。
 カブも急いで食べなければならない。

カブ葉

| コメント(0)

カブ葉

 引き続き、クスノキ運び。
 玉をストックする場所がないので、クスの香りを楽しみながら片端から割った。

 今年は、大豆と里芋は大不作だが、かぶは豊作だった。
 天王寺かぶは、野沢菜の原種ともいわれているが、葉っぱを食わないと惜しい。

 カブ葉とにんにくとシーチキンを炒めたんだが、かなり美味い。

冬の雑木林

| コメント(0)

冬の雑木林

 クスノキの玉をもらえるという話があったので、さっそく出かけてきた。
 ありがたいことである。
 全部は積みきれなかったので、続きはまた後日。

 道具が修理できたので、ログストッカー作りの続き。
 大したものではないが、とりあえず完成。

 写真は大屋山だが、いい感じの雑木の尾根である。

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0