荒川林道

| コメント(0)

大カツラ


 JICKYさんに声をかけていただいて、荒川林道を歩いてきた。

 歩いた区間は、入川釣り堀-赤沢取水堰-中小屋沢出合-ヒダナ沢出合-荒川小屋あと(小荒川谷出合)の往復だった。
 登りはかなり時間がかかったが、下りは小荒川谷出合から取水堰まで、2時間強で下れた。

 お声かけいただいたJICKYさんはもちろんだが、荒川林道の踏査記録を公開されている先蹤者の皆さん、悪場にトラロープをかけて整備までされている方などのお力で、ようやく歩けたルートだった。

 荒川谷方面から靴を濡らさずに、速やかに下山したい向きには、いいルートだと思う。
 ルート図はこちら

 安谷川の大カツラに匹敵する巨大なカツラを見ることもできた。

終日農作業

| コメント(0)

ウド


 フシグロセンノウの小苗をムクゲ公園に届けた。
 届けたのは、ビニールポット約50鉢だが、まだ小苗はずいぶん残っているので、来月にまた持っていきたい。
 喜んでいただいているので、こちらも嬉しい。

 ほぼ終日、農作業。

 ビニールポットに四角豆の種まき。
 キュウリ発芽。
 オクラ発芽。

 コンニャク芋の植えつけ。

 エゴマ小苗とブロッコリー苗の植えつけ。
 除草少々。
 ピーマン予定地の耕耘・畝立て・マルチ張り。

 畑の栽培ウドが出始めた。

アミガサタケ

| コメント(0)

アミガサタケ

 転勤して通勤ルートが変わり、ミューズパークを毎日通ることになった。
 けっこういいかも。
 今日は、アミガサタケたちが騒いでいた。

(アミガサタケA)
 あのおっちゃん、昨日も来てたよな。
(アミガサタケB)
 ここんとこ、毎日来てる。俺らのこと、探してるんじゃね?
(アミガサタケC)
 あの人、20年ほど前にも、ここで見たよ。あんときは、秩父原人の石器がここで発見されて、教科書が書き換えられるほどの騒ぎになったんだよな。こっそり石器を埋めてた捏造男にペコペコして、いろいろ教えを乞うてたっけ。あの人、歴史の先生なんかな。それにしても、間抜けだな。
(アミガサタケB)
 こんなところで、50万年前の石器が出るわけねーだろ。捏造男のことを「ゴッドハンド」なんて感心してたっけが、ゴッドハンドとハゲタカファンドの区別もつかないんかねぇ。
(アミガサタケA)
 あ。コッチを見てるよ。俺らのこと、見つけたかも。
(アミガサタケC)
 今年もめっかっちゃったか。今夜あたり、パスタかなんかにされて、食われちまいそうだな。

サス尾根

| コメント(0)

まだ早かったアカヤシオ


P16側壁


サス尾根(手前)・両神山(中景)・甲武信三山(遠景)

 アカヤシオを見に、神流町のサス尾根を歩いてきた。
 他の花と同様、アカヤシオも遅く、まだ咲き始めたばかりだった。

 サス尾根は10数峰の岩峰を連ねる道のない尾根なので、シットハーネスをつけたが、ロープは結局、使わなかった。
 最後の岩峰(P16)は登る気がしなくなったので、岩根を巻いたが、この側壁は、クライマーがつけたと思しきチョークで汚れていた。

 栂の頭のピークからは、サス尾根の向こうに、両神山の八丁尾根・赤岩尾根の岩峰群が見え、その向こうには奥秩父連山が見えていた。

奇木

| コメント(0)

奇杉1


奇杉2

 薪作り少々。
 ピーマンの鉢上げ。
 フシグロセンノウの株分け。

 里芋の植えつけ。
 エビ芋と生姜の植えつけ。
 春インゲン予定地の準備。

 写真は、権現山で見た奇木。

ミツマタ

| コメント(0)

ミツマタ


ミツマタ


ミツマタ

 丹沢の権現山を歩いてきた。
 途中のミツバ岳山頂一帯は、ミツマタの大群落になっている。
 花の盛りをやや越えて、ほぼ満開と言ってよい状態だった。

 ミツマタはたいへん有用な低木なので、自然の群落はちょっと考えられない。
 いつか誰かが植えたものなのだろうが、それにしてもみごとだった。

ゆららか 緑川

| コメント(0)

ゆららか 緑川

 冬型気圧配置で、西風が強く、朝はこの時期にしては、そこそこ冷える。
 農作業も、朝の予想気温をにらみながらになる。

 ルバーブ発芽。

 宮ネギ苗への落ち葉・稲わら掛け終了。
 里芋・コンニャク予定地の耕耘。

 軽トラのタイヤ交換。

 六日町の酒屋さんで、どっしりと線の太い酒はありませんかと尋ねたら、それならこれでしょうと冷蔵庫から出してくれたのが、「ゆららか 緑川」だった。
 ずっと以前に、守門村の酒屋さんでも、「純米 緑川」を勧められて買ったことがある。

 やや濁りが入っており、瓶の底に澱が沈殿している。
 瓶をゆすって、澱を撹拌して飲む。

 米の旨味が鮮やかに引き出されていて、心地よい。

穀雨

| コメント(0)

椎茸

 椎茸が出始まった。

大松山からの展望

| コメント(0)

鹿島槍


後立山


高妻山


 自動車のタイヤ交換依頼。

 ビニールポットに各種夏野菜の種まき。
 春インゲン(マンズナル)・オクラ・キュウリ・ゴーヤ・キャベツ。
 フシグロセンノウもたくさんあるので、苗の置き場がない。

 ミニトマト(アイコ)を3本買って、植え替え。
 エゴマ発芽。

 落ち葉堆肥箱の片づけ。
 宮ネギ苗に落ち葉と稲わら掛け。これは途中まで。

 写真は、大松山からの展望。
 登山自体は面白みに欠けたが、展望はよかった。
 春霞のため不鮮明だが、北アルプス・頸城の山などがよく見えた。

凍みコンと椎茸煮物

| コメント(0)

凍みコン椎茸煮物


 職場が変わり、仕事内容も若干変化したので、珍しく自宅で、来週予定のプレゼンの準備。
 来週いっぱいは、これで凌げそうだ。

 菜種梅雨がここへきてようやく、本格化したようだ。
 例年より10日間くらい遅れていると思う。
 原木椎茸がようやく、発生し始めた。
 凍みコン煮物には椎茸が合うと思っていたのだが、ようやく、凍みコンと椎茸を一緒に煮ることができた。
 とても美味い。

 来年は、椎茸が出るまで、凍みコンを蓄えておこう。
 もっとも、そろそろ椎茸を打たないと、今の原木の寿命が終わってしまいそうだ。

 ホームセンターでは、野菜苗が売られている。
 ナス苗(千両二号)を3本買った。
 去年は4本植えたのだが、ひと夏でおよそ250個のナスを収穫した。これは多すぎだった。
 うまくいくとは限らないから面白いのだが、今年は、どうなるか。

 遅まきながら、草むしりはほぼ完了した。
 今後、奴らが反撃してくる。晩秋まで、根比べの戦いが始まる。

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0