越の誉

| コメント(0)

越の誉


 京芋の掘りあげ。
 日が短くなって、野良にいられる時間が少なくなった。

 柏崎の純吟・越の誉。越後の酒なので、すっきりとした風味に仕上げようとした意図を感じるが、原酒なので米と麹の味が強い。自分にはそれがむしろ、いい感じである。

落ち葉掃き

| コメント(0)

落ち葉掃き


 長尾根丘陵で落ち葉掃き。
 ここ数年、ライバルが多くてすぐになくなってしまう。

 赤大豆の摘み取り。これで終了。
 豆ころがしは気長にやるしかないのだが、貧相な種をわずかばかりまいたにしては大収穫の部類で、言うことなし。

カレー

| コメント(0)

カレー


 薪置き場が壊れてきたので、薪の一部積み直し。
 けっこう大仕事だった。

 第二次たくあん漬け込み。
 ダイコンサルハムシの大発生した白菜干し。
 この虫を薬剤以外で駆除するのは困難で、大根の場合は手でそっと捕まえて握りつぶすが、白菜に出ると根際の葉に潜り込むため、とても退治できない。

 畑で大豆摘み。

 じゃがいもがいくらか残っているが、これは来春の種芋としてとっておかねばならない。
 カレーを作るなら、じゃがいもの代わりに大根を使えばよい。

板碑

| コメント(0)

板碑


 出勤前に大根の片づけ。
 一旦抜いて埋め直す。
 こうやって埋蔵すれば、1月いっぱいくらいまでもつので、これを食べて冬を生きる。

 写真は野上下郷の青石塔婆。
 驚くべき高さだ。

青面金剛

| コメント(0)

青面金剛


 長瀞町の仲山城址界隈を歩いてきた。
 野上下郷の青石塔婆・矢那瀬の石幢・矢那瀬八幡神社ときて、久しぶりに大槻峠へ登ろうとして、ルートを失った。
 最後は無理やり大槻峠へ登って、正規の峠道を下った。

 下山後、畑で大豆摘み。

 ずいぶん荒れた旧秩父往還で青面金剛を見た。
 江戸時代の庚申信仰は、よほど根強かったものとみえる。

木曽菜

| コメント(0)

木曽菜


 北高型気圧配置で、終日薄ら寒い霧雨。

 大豆の調整。
 一度に食べきれない椎茸の一部を乾燥。
 木曽菜を刻んで塩水漬け。

二子山2

| コメント(2)

両神山


 二子山へ業務登山。
 朝方は少し降っていたが、すぐにやんで青空も見えた。
 紅葉はもう終盤で、雑木林は初冬の風情だった。

 盆地の向こうに両神山を望む。

 下山後、大豆(麹イラズ)摘み。
 赤大豆と違って、こちらは貧果。
 やはり気候が合わないのだろう。

エゴマ

| コメント(0)

エゴマ


 終日、雨降りのため、原稿書きなど。

 赤大豆の調整。

 エゴマも調整した。
 今年はよいタイミングで刈り取ったので、まずまずとれた。
 これで向こう一年間、ゴマに不自由せずに暮らせる。

椎茸

| コメント(0)

椎茸

 椎茸が出始まった。
 美味い。
 感謝にたえない。

木曽紅

| コメント(0)

木曽紅


 朝の気温が氷点下0.3度になり、霜が降りた。
 今年の冬が始まった。

 シソの種とエゴマの調整。
 シソはろくにとれなかったが、エゴマはけっこうとれた。
 これで、向こう1年のゴマには不自由しない。

 赤大豆の摘み取り続き。

 上松の風越山に行ったとき、お酒と木曽紅の種を買ってきた。
 畑では霜が降りたが、木曽紅がそろそろ食べごろになった。
 見た目は開田とほとんど変わらない。

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0