脱穀終了

| コメント(0)

マツタケモドキ


ムキタケ

 脱穀終了。
 収量は昨年よりかなり多かった。
 梅雨の初期によく降ってくれたのと、真夏によく晴れてくれたおかげだ。
 相変わらず、反省点が多い。

 岩殿山は全山がアカマツ混じりの雑木林だった。
 きのこの盛りは過ぎたようだった。

岩殿山

| コメント(0)

三社権現

 里山修験ミュージアムのような中信・坂北村の岩殿山へ。
 これは、三社権現のお宮。

つくね芋

| コメント(0)

つくね芋

 そら豆と大麦の種まき。

 つくね芋の収穫。
 支柱が倒れたとき、つくね芋の半分は根元からちぎれて枯れたから、収穫できたのはいくらもない。
 そもそも芋があまり太っていないから、大した収穫にはならなかった。
 以前作ったものとは種類が違っていて、今年のは自然薯により近いように見える。

 里芋の収穫。途中まで。
 今年の里芋は近年にない不作なのだが、原因は、除草の遅れである。
 種芋としては十分だから、来年は挽回したい。

大報恩寺展

| コメント(0)

最初の地蔵

 上野に、京都・大報恩寺展を見に行ってきた。
 展示の中心(というか自分のお目あて)は、同寺の十大弟子像だった。

 十大弟子といっても、われわれ今の人間にとっては、それが誰でそれぞれどういう人だったかなど、調べなければわからないのだが、平安時代人や鎌倉時代人にとってそんなことは、「一般常識」である。

 誰もが知ってる彼ら十大弟子のキャラクターを、どのような身体つき・どのような表情で表現するかが、快慶と彼の工房のスタッフに課せられたミッションだった。

 へまは許されない。
 かといって、キャラの立たない表情に仕上げたのでは、見る人をがっかりさせる。

 それにしても、彼らは、いい仕事をした。
 見に行ってよかった。

 読書ノートに、『センセイの鞄』を追加。

 写真は、米山・野田コース、最初の地蔵石仏。

米山薬師

| コメント(0)

なめこの子

 4ヶ月ぶりに米山薬師に行ってきた。
 ナメコはまだ、出たばかりのようなのが多かった。

試運転

| コメント(0)

やまびこ RM1027-2TD

 畑の大除草。
 刈払機(やまびこ RM1027-2TD)を使い始めた。
 アタリマエだが、安定して動いてくれる。

 ナビの地図更新期限が来た。
 このところ物入りが続くな・・・。
 でも、ナビ地図けっこう大事。

刈払機

| コメント(0)

なつめ

 刈払機を変えた。
 今まで使っていたのはホンダ製4サイクルエンジンの製品だったが、故障が多く、だましだまし使うようだった。
 購入したのは2004年7月3日だから、14年使ったことになる。

 今度のはやまびこ(新ダイワ)製2サイクルエンジンである。
 チェンソーもおなじメーカーのを使っているのだが、ほとんど故障しない。
 エンジン音がチェンソーと同じなので、丈夫そうな気がする。

 なつめが1袋100円と安かったので、買ってきて煮た。

なめこの子

| コメント(0)

なめこの子

 日帰りで、信州中川村の陣馬形山へ。
 文句なしの晴天と期待して出かけたのだが、中央アルプスの頭にはずっと雲がかかったままだった。
 なめこの子が出ていた。

コンニャク掘り

| コメント(0)

コンニャク

 今日はコンニャク掘り。
 種芋とキゴ(左)は豊作で、親芋(右)は不作。

 大麦予定地と玉ねぎ予定地を耕耘。
 大除草。

祭礼

| コメント(0)

神輿

 鎮守の祭礼。終日。

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0