ルートミス

| コメント(0)

文殊峠から両神山

 小鹿野町・品刕にまた行ってきた。
 ここに行くのはこれで9回目だし、そもそも2週間前に行ったばかりなのだが、ルートミスした。
 テキストでは表現しづらいし、結果的に問題は起きなかったのだが、ともかく予定していた尾根ではない尾根を下ってしまった。
 自分のヘタクソさには、つくづく呆れ果ててしまう。

勝沼駅

| コメント(0)

勝沼駅

 剪定した梅の枝を小切って薪作り。
 久々にムクゲ公園に行って、コナラの玉切り。
 夜なべに豆仕事。

 山梨県は過日の町村合併時に、従来の地名を変えた自治体が多い。
 甲州市と甲斐市と山梨市が県のどのあたりにあるのか、ピンとくる人は少ないのではないか。

 棚横手は、「勝沼ぶどう郷」という駅から登り始める。
 この駅に保存してあった以前の駅名板を見るとほっとする。

大滝不動

| コメント(0)

神洗い滝凍る

 水量が多いとこのようには凍らないだろう。
 ここは勝沼町・大滝不動裏の髪洗い滝。

冬菜漬け

| コメント(0)

飯田冬菜

 今朝は氷点下5.1度だったが、ずいぶん暖かく感じた。
 凍結を警戒して、昨夜は、少量の水を出したままにして寝たのだが、この気温なら、そんなにしなくても大丈夫だっただろう。

 終日、自宅や畑周辺のボヤ片づけ。
 まだ当分終わりそうにない。

 先月始めに強い塩で漬けておいた飯田冬菜を、昨夜の出しっぱなし水で塩出しして、二度漬け。
 長野県内のお店に行くとよく売ってる「うまいずら」類似の漬け液で漬けた。
 まずまず、美味いずら。

 ラジオを聴いていたら、野菜の値段が高いと文句を言っている人がいた。
 野菜高直の原因は、秋の長雨だったそうだ。

 そもそも、一年中、新鮮な野菜を食おうと思ってる時点で間違っている。
 真冬と真夏に、野菜は作れない。
 だから、秋に作っておいて貯蔵するのだ。
 日本人はそうやって、生きてきたのだ。
 チミらはほんとに、日本人なのか?

水道凍結

| コメント(0)

ヤマザクラ大木

 昨朝が氷点下7.7度。
 今朝は家中の水道が全て凍結したので、氷点下8度まで行ったかと思ったが、公式発表では氷点下7.8度だった。
 今夜も冷えそうだ。

 写真は、小鹿野町の雑木林で見た立派なヤマザクラ。

若杉

| コメント(0)

若杉

 品刕で見た光景。
 ちょっとした気まぐれで、この杉をねじ曲げたのが人間だったなら、底知れぬ悪意を感じずにいられない。
 それでも杉は、上へ向かって伸びるのである。

キチョウ

| コメント(2)

キチョウ

 氷点下数度の酷寒の中、ひたすらじっと耐えるキチョウの真似なんて、おれにはできない。
 頭が下がる。
 ここは秩父・小鹿野の品刕山塊。

赤大豆納豆

| コメント(0)

赤大豆納豆

 畑の梅の木を剪定。
 チェンソーを使って、枝を伐った。
 またまた、大量のボヤができたので、ボヤ丸きが大変だ。

 この冬も、納豆を作り始めた。
 納豆はいつでも作れるのだが、気温が高いときにはどんどん進んでしまって、食べるのが間に合わない。
 厳寒期なら、ある程度保存が効く。
 タネは、近くのスーパーで買った普通の納豆。

 夜なべに、豆仕事。

カッコイイ杉

| コメント(0)

大杉

 今朝は氷点下7度と、冷え込んだ。
 寒さの底は今月下旬から来月中旬までだから、この先も厳しい寒さが予想される。
 ラニーニャが起きると寒いという経験則が、今のところ、裏付けられている。

 畑と自宅周辺の枯れ木の片づけ。
 マルったボヤを自宅に持ち帰って、風呂をわかした。

 写真は、越前岳で見た大杉。
 枝ぶりが、大迫力でカッコイイ。

駿河湾

| コメント(0)

駿河湾

 今年の初出勤。
 夜なべに豆仕事とコンニャク練り。
 写真は、越前岳から望んた伊豆半島と駿河湾。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0