本の虫

「日本史」

| コメント(2)


オカノリわかめ


 読書ノートに『博多・沖縄への旅』を追加。

 以下は、該ノートと同文である。

 著者による博多・沖縄紀行。

 「日本」の大陸への玄関口だった博多という町のことも知りたいが、何度か出かけたことのある沖縄の方により興味をそそられる。

 歴史学あるいは人類学あるいは民俗学といった諸学によってクールにアプローチするのもよいが、実績ある作家である著者だから許されるいくらかウェットなアプローチもよいと思う。

 人類学の中には、琉球人とアイヌ人の共通性を指摘する意見がある。
 それが的を射ているとすれば、彼らこそが原「日本」人であり、遅れて大陸からやってきて、列島中心部に跋扈したインベーダー支配者(それが「日本」の支配階級となる)によって南北の「辺地」へ追いやられたという展望も成り立つ。

 南北の原「日本」人たちには、動物や鳥や植物や風や雪など、あらゆる自然のことどもの中に神を見出し、神を恐れ、神とよく折り合いをつけつつ日々の暮らしを築くという、共通した生き方がある。
 神に仮託しつつ語られるこれらの知恵は、その後も、列島民の意識の基層をなしてきた。

 一方インベーダーの一般民たちは、先住民に学びながら、造山活動によって作られた急峻なこの列島で暮らす知恵を編み出していった。
 何も学ばなかったのはインベーダーの支配者たちだった。

 彼らは自分たちの暖衣飽食生活の永続のみを願い、権力を行使してきた。
 まさに嗤うべきことだが、彼らインベーダー支配者の、陰険で残忍な策動の羅列がいわゆる「日本史」であり、インベーダー支配者のおこぼれにありつくことによっていい思いをしてきた者たちによってでっち上げられたのが、「日本の伝統」である。

 沖縄で感じた、心が洗われるような思いを著者は、「情」と表現している。
 適切な表現だと思う。

 神=自然を畏敬し感謝し、神=自然とともに自分たちの暮らしを紡ぐ沖縄の心を、インベーダーの中でもひどく低劣な心性の持ち主である現在の為政者たちが理解できないのは、当然である。

 相変わらず、オカノリを重宝している。

咳をしても一人

| コメント(0) | トラックバック(0)
太郎山神社狛犬


丁目石祠寄進碑


山ノ神前の馬頭尊



 『週刊金曜日』で、佐高信氏が、尾崎放哉の「咳をしても一人」という句にふれていた。

 暮れの12月20日に三ツドッケに登った際、かなり厚着をして、枯れていた一杯水から下って水を取りに行った。

 下り15分、登り25分程度だったが、ここで大汗をかいてしまい、その後冷えて風邪ひきになった。

 風邪を引いても熱も出ないことが多い。

 今回も、激忙の最中だったこともあって自然に治癒したのだが、それ以来咳がとまらなくなった。

 似たような咳で、百日咳とかマイコプラズマ肺炎などの診断をいただいたこともあった。

 今回は医師に診てもらってないのだが、たぶん咳喘息だと思う。

 そんな状態だったので、「咳をしても一人」がいたく気になったのだった。

 吉村昭氏の放哉伝『海も暮れきる』を読んだ記憶があるのだが、本は見あたらないし、1996年以来書いている読書ノートにも記録がない。

 おそらくもっと以前に読んだのだろう。

 しかたがないから、また手に入れた。

 写真は、太郎山の風景。



 ロキソニンの服用をやめたので、傷の治癒速度が遅くなったような気がするが、明らかに気のせいである。
 術後一週間でここまで回復できるとは驚きだし、医療現場には感謝にたえない。

 読書ノートに『陸奥黄金街道』『平泉』を追加。

 古琉球や平泉政権をみていると、中世「国家」を近代国家の概念で腑分けすることにあまり意味がないことに気づかされる。
 例えば古琉球は、明の冊封を受けたのだから、明に支配されていたと表現されるかもしれないが、琉球国王にとって、明から冊封されることは、明の官僚の立場に転落することを、まったく意味していない。
 それどころか、明に貢納し中国服を着て中国語を話すことは、古琉球の相対的独立を維持する必要条件だった。

 平泉政権もまた、京都政権に金や北方産物を貢納して陸奥・出羽押領使や鎮守府将軍に任じられ、京都の先端文化を取り入れたが、鎌倉政権によって滅ぼされるまで、独自の権力を保ち続けた。

 かつての国家は、はるかに変幻自在で弾力性を持っていた。

 いうまでもなく、平泉政権以前の北東北や蝦夷ヶ島や古琉球は「日本」の版図とは言えないのだが、現在の国家は、琉球の歴史も「日本」の歴史の一部だと強弁する。
 今の「日本」国家が語ろうとする「日本歴史」は、大和・京都政権の物語でしかなく、日本列島に生起した歴史ではない。
 歴史の勉強が、大和・京都政権に支配されるものとしてのアイデンティティを刷り込むのを目的としているならば、有害無益なので、学ばないほうがよい。

 列島に生きる民に必要なのは日本列島の歴史であって、「日本史」などという怪しい物語ではない。



 「山の花讃歌」に春も盛りの西上州梅雨の休みの編笠山盛夏の白峰三山を追加してみたが、デスクワークも多少は負担になるので、おおむね、横になって『世界最悪の旅』を読んでいた。

 『世界最悪の旅』は、中公文庫版だと300ページ余りで朝日文庫版だと990ページである。中公版はダイジェストなのかもしれない。読んでるのは、朝日文庫版。

 内容はたいへん興味深く、重厚な本だ。
 ネット上のレビューを斜め読みすると、スコット隊がアムンセン隊に敗れた原因とかについてしばしば書かれているが、本書からそんな貧相な感想しか得られないのは気の毒という他ない。

読書

| コメント(0) | トラックバック(0)



 入院中は(現在もほぼ似た状況だが)、読書がはかどった。

 読書ノートに、『沖縄 平和の礎』と 『この国は原発事故から何を学んだのか』と 『原発再稼働の深い闇』と 『騙されたあなたにも責任がある』と 『喜屋武マリーの青春』と 『沖縄の旅・アブラチガマと轟の壕』と 『縄文時代の商人たち』と 『日本の自然保護』と 『遺伝子改造社会 あなたはどうする』と 『大峰縁起』と 『歴史と出会う』を追加。

 当分、職場復帰できる状態でなく、農作業もできないので、長年の懸案だった、チェリー=ガラードの『世界最悪の旅』を読み始めた。

 990ページもの大冊だが、これだけ時間があれば、読みきれそうだ。

 「山の花讃歌」に北八ツ讃花-1北八ツ讃花-2を追加。

秩父関連本二冊

| コメント(0) | トラックバック(0)

ダイダイガサ


 今日は朝から谷川連峰へ業務登山の予定だった。
 業務命令だからどうしようもないのだが、幕営中に暴風雨に遭遇するのは確実なので気が進まないでいたら、昨夜遅くに中止の連絡が入った。

 雨の降り出しは午後をかなり回ってからだったが、終日在宅して、ホームページの手入れなどをして過ごした。

 『ぼくの戦後 回想の秩父』『両神山風土記』の読書ノートを追加。

 『ぼくの戦後 回想の秩父』には、戦後すぐの時期の秩父市中心部の様子が描かれている。
 ここにも、今宮神社の大ケヤキの思い出が記されており、神木が地域の精神世界と不可分の存在だったことがわかる。

 日が落ちてから、風雨ともに強まってきた。
 これから不安な夜を迎える。

 写真は、昨日見たダイダイガサ。

イワカガミ
ミズバショウ

 ほっとする間もない多忙状態が続いている。

 自宅のちょっとしたスペースに物置を建てた(購入)。
 書籍の整理ができなくて、同じ本を何冊も買うようになっているので、どうにかしなければならなくなったため。

 本は、必要なときにすぐ探せなければ、所蔵する意味がない。
 不要書を、ヤフオクで処分できればよいのだが、忙しくてそれにかかりきりになる余裕もないから、とりあえず所在がわかるようにしておく必要があるのである。

 写真は引き続き、金城山の花。
 この季節の越後の山は、いたるところにイワカガミが咲き乱れているのだが、岩山の山頂近くにミズバショウの咲くこんな池塘があるなんて、驚きだった。

シイタケ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 前線が停滞して、曇や雨の日が続いているが、時間を作って薪取りと薪作り。
 今日もほぼ終日、薪作りだった。

 伊勢菜を片付け、耕耘してニンジン予定地作り。
 春ほうれん草の種まき。
 正月明けにまいたチンゲン菜の初収穫。

 畑では、宮内菜と紅菜苔が例年同様に快調。
 赤ネギもよくできている。
 これらを食べているうちに、トンネルの菜っ葉類ができてくる予定。

 このところの陽気と雨で、シイタケが出始まった。

 『マオ』『彭徳懐自述』の読書ノートを追加。

 いずれも大著だが、現代中国が筆舌に尽くし難い苦難の道を歩んでいることは、十分に理解できた。
 中国指導部は、社会主義社会到達までに今後100年を必要とすると述べているらしい。
 さらに多く、中国を知りたいものだ。

 午後、煙突掃除。

マタタビ酒

| コメント(2) | トラックバック(0)

 昨日来、雪が降りそうで降らない状態だったが、午後からの氷雨は、夕方から本格的な降雪となった。
 底冷えのする一日だったとはいえ、午前中に落ち葉堆肥の第三次分の仕込みができたので、せっかくの休みが無駄にならなかった。

 『周恩来秘録』(上下)を読了。
 文革期の中国において周恩来が果たした役割について、詳細にあとづけている。
 権力の内側を史料に基づいて記述した本として稀有の仕事ではないかと思う。

 写真は、マタタビ酒。
 果実酒のページは当初、画像なしでスタートしたのだが、やはり写真があった方がよい。
 ということで、おいおい写真を追加するつもり。

 写真のマタタビ酒は、富士山のF林道脇で摘んだのを漬けた。

ものみな凍る

| コメント(0) | トラックバック(0)

 朝起きたらいきなり、吹雪いていた。
 予報では晴れだったのだが、季節風が強まったために雪雲の舌端が上武山地を越えて当地に流れ込んだものだ。
 このような降雪は長続きしないのだが、3センチほどは積もったので、さっそく雪掃きをした。

 日中は晴れていたが、風花が終日舞って、寒い日だった。
 朝の気温が氷点下5度以下の日が、これで3日続いている。
 季節風は昼間もうなりを伴いつつ、吹いていた。

 午前中、パン作りと煙突掃除。
 午後は、秩父事件研究顕彰協議会の集まり。

 『富士の強力』の読書ノートを追加。

1  2  3  4  5  6  7

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0