えんどう豆

豆ご飯

| コメント(0)

豆ご飯

 スナップエンドウも、そろそろ終了だ。
 えんどう豆は、6月になるとカレンダーを見ていたかのように、突然枯れる。
 取り遅れた莢は硬くなってしまうが、若い種はグリーンピースで食べることができる。
 スナップエンドウの豆ご飯も美味しい。

八海山遠望

| コメント(0)

八海山


八海山

 フシグロセンノウの植え替え。
 エゴマの種をビニールポットに種まき。これは、温床で催芽する。

 ニセアカシアのよい薪をいただいたので、薪積み。

 えんどう豆に支柱立て。
 玉レタス小苗と、ペパーミントの植えつけ。
 草むしり少々で日没。

 今日の写真も、八海山。

黄葉

| コメント(0)

黄葉

 えんどう豆の種まき。
 そら豆はいくらか発芽しはじめたが、カラスか何かにほじくられて、かなり損耗した。
 やむなし。

 秩父の里山は、紅葉にはまだ早いのだが、かなり色づいている樹もあった。
 尾根向こうに見えたこの樹の樹種は不明。
 向こうに見えるピークは小持山。

国師・甲武信からの展望

| コメント(0)


国師ヶ岳から望む金峰山


雲に洗われる両神山


 連日の雨で、雑草どもが猖獗を極めている。
 仕事の前とあとの時間にいくらむしっても伸びるほうが速い。
 そこをなんとか、頑張ってむしる。

 そら豆の片づけ。
 今年はできた莢のほとんどが、見る間に完熟してしまい、未熟果はほとんど食べることができなかった。
 こういう場合は、莢が太るのを待たず、どんどん収穫してしまったほうがよさそうだ。
 おかげで、硬い完熟豆が大量に採れてしまった。

 スナップエンドウの片づけ。
 これも同様で、種がたくさん採れてしまった。

 昨日の夕方、雹と突風で倒れたフリントコーンの支柱立て。
 キュウリの葉摘み。
 キュウリがコンスタントにとれ始め、ナスもできはじめた。

 写真は、国師・甲武信界隈からの展望。
 雲が多いなりに、見るものは多かった。

おおまさり

| コメント(0) | トラックバック(0)

おおまさり


 そら豆とスナックエンドウ苗の植えつけ。
 これらは、ビニールポットで育苗すれば、植えつけまでの期間を広くとることができる。
 今年のように、畑の準備が遅れる場合には、芽を出させておけば、都合のよい時に植えつけることもできる。

 落花生の収穫。
 今春、種をまいた4月下旬にはまだ、雪が降っていた。
 発芽不良と生育途中の植え替えのため、今年はほとんど収穫なし。
 来年の種子と、一度茹でて食う分だけとれた。

 これは、おおまさり。
 ひと粒が一般より大きい品種である。

 手術から約2ヶ月が経過したので、本日からトレーニング再開。
 4.5キロ走、腹背筋・スクワットの筋トレなどをやってみたが、今のところ特に問題は感じなかった。

 人間ドックの結果が来た。
 こちらもほとんど問題なかった。

麦蒔き

| コメント(0) | トラックバック(0)

成熟してきた大豆
 過日の検査結果が出るので、午前中休みをとって、通院と農作業。
 検査結果は異常なしと出た。
 だからといって、何も問題がないわけではないので、今までのように身体を酷使するのは難しい。

 畑の方は、小麦・大麦・そら豆・えんどう豆の種まきをすませた。
 えんどう豆は、もう少し先に行ってからまきたいところだが、この先、週末も含めて予定がびっしりと入っているので、こっちの都合優先でまいてしまった。
 これで、年内に植える作物はあと、玉ねぎだけとなった。

 大豆が熟してずいぶん、黄色くなってきた。
 ニンニクが発芽した。

 オクラはそろそろ終了しそうだが、ピーマンやシカクマメが相変わらず、よくとれている。

1

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0