草花

ミヤマカタバミ

| コメント(0)

ミヤマカタバミ

 今日も激しい雨が降った。
 コンディションはよくないが、香り豆の種まき。

 金峰山へ向かうシラビソ林では、バイカオウレンやミヤマカタバミが咲いていた。
 人々はみな、シャクナゲの美しさに感嘆するのだが、足元のちっちゃなミヤマカタバミには目もくれないのだった。 
 おれはこの美しさに息を呑んだのだけれど。

ドクダミ

| コメント(0)

ドクダミ

 連休明けに植えたピーマンは、発育があまりよくない。
 気温が上がれば、地植えのほうがよろしいかと思うのは、素人考えらしい。
 例年こうなるので、鉢上げしたピーマンは、5月いっぱいくらいは自宅で養生してやったほうがよいのだろう。

 自宅で毎日水やりして育てたポット苗は元気いっぱいなので、梅雨入りを期して植えつけ。
 時間ができたら、すべて植えつけるつもり。
 
 まんずなるインゲンが早くも絶好調。

 写真は、東慶寺で見たドクダミ。
 ときどきこういう八重咲き花を見かける。
 これはおそらく植栽されたものだろう。

イワタバコ

| コメント(0)

イワタバコ


イワタバコ

 引き続き、薪仕事。切って、割る。
 気温が高いので、難物はパス。
 それでも十分疲れた。

 大麦の刈り取り。半分のみ。
 怪我により制作が止まっている第六薪置き場で干す。

 昨日の鎌倉は、どこもよかったが、花がきれいだったのは東慶寺。
 切り通しの岩にイワタバコが満開だった。

フデリンドウ

| コメント(0)

フデリンドウ

 コナラ玉運びと薪作り。
 第五薪置き場は完全に埋まった。
 第六薪置き場はまだ、完成していない。

 今年の大麦は、二ヶ所に分けて作った。
 陽当たりのよいほうが早く熟し始めているので、まずはそちらに防鳥糸張り。
 
 写真は、フデリンドウ。

キンラン

| コメント(0)

キンラン

 四阿屋山へ業務登山。
 ミツバツツジは完全に散って、ヤマツツジが鮮やかになってきていた。

 下山後、農作業。

 カボチャの植えつけ。
 今年も白爵を作る。

 ナス・ピーマンなど植えつけ準備。

 第二資材置き場作りに着手。
 これで日没。

 四阿屋山では、キンランが咲き始めた。

オケラ

| コメント(0)

オケラ

 畑の畦の草取り・掃除。
 雑草が猖獗を極める季節が、すぐそこまで来ている。
 山くらげの植えつけ。
 ナス・ピーマン・ミニトマトのうね立て。

 ヒノキの端材をいただける話があったので、秩父市内まで行ってきた。
 長尾根をちょっとのぞいたが、アミガサタケは出てなくて、オケラが芽吹いていた。

ふきのとう

| コメント(0)

ふきのとう

 宮ネギに軽く土寄せ。
 人参とほうれん草の種まき。
 草むしり。
 ジャガイモ予定地の耕耘。
 
 畑の畦にふきのとうが出た。

ハクサンイチゲ

| コメント(0)

ハクサンイチゲ

 ラッキョウ種球の植えつけ。
 ちょっと遅いので、間に合うかどうか。

 あとからまいた上野大根を間引いて一本化。
 こちらも間に合うかどうか。

 不忘山の尾根に花は期待していなかったのたのが、エゾリンドウさえ枯れた稜線でハクサンイチゲがずいぶん元気に咲いていた。

ウメバチソウ

| コメント(0)

ウメバチソウ

 一時的な冬型で、突風とともに寒気がやってきた。
 秋インゲンのヤグラが倒伏しそうなのだが、かろうじて耐えている。
 あと一ヶ月、強い西風は勘弁してほしい。

 読書ノートに、『苦悶するデモクラシー』『昭和史発掘7』を追加。

 鬼面山ではウメバチソウが咲いていたが、高い山の花はそろそろおしまいになるだろう。

エゾリンドウとリンドウ

| コメント(0)

エゾリンドウ


リンドウ

 稲刈り終了。
 自分でもよく頑張ったと思う。

 二日間放置していた畑のメンテ。

 苗たちに潅水。
 玉ねぎ・宮ねぎ苗床の除草。

 たたら辛味大根の間引き。これで一本化。
 ダイコンサルハムシ・キスジノミハムシ・青虫の発生少々。特に問題なし。

 ニンニク予定地と三陸つぼみ菜予定地のうね立て。

 東吾妻山では、いたるところにエゾリンドウが咲いていた。
 鬼面山に咲いていたのは、普通のリンドウのようだった。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0