勢正宗

| コメント(0)

勢正宗

 雨がやんだので、里芋掘りの続き。普通の里芋をようやく掘りあげた。収穫コンテナに16箱分とれた。
 ありえない豊作だ。

 今年の里芋について思い当たる点といえば、芽が出るのが例年より幾分早いなと思った。
 だいたい忘れた頃(へたすれば梅雨前)にようやく芽が出るので、いつも草だらけになる。
 それが嫌なので今年は、防草シートを全面にかけておいた。
 それが地温を上げてくれたのかもしれない。

 昨年は除草不十分のため大不作だったと思っているので、草取りはまずまず頑張った。
 これも効果があったと思う。

 いつもこのくらいとれるのなら植えつけを減らしてもいいのだが、今年は多分、出来すぎなので、来年も同じくらい作ろう。

 倒壊したゴーヤのヤグラを片づけ。
 ミニトマトのヤグラも片づけ。
 つくね芋の支柱も片づけ。

 こんにゃく種芋掘り。
 まずまずできているので、来年の種芋は確保できた。

 帰宅後、暗くなるまで薪作り。

 写真は、中野市の純吟・勢正宗。やっぱりよくできている。文句なしの美酒だ。

| コメント(0)



 新天皇の時代を予感させるような土砂降りの雨だった。

 台風崩れの低気圧が通過。
 風は吹かなかったが、降雨は普通の台風並みで、やはり渓流がゴロンゴロンとなって、怖ろしかった。
 昨夜中に地震があったのだが、どの地震情報を見ても当地の地震は記録されていない。
 あれが地震でなかったとすれば、なんだったのだろう。

 これは信州上田の純吟・互・先発。生酒なので、麹の香りが強烈だ。列島民が長らく飲んできたのは、このような酒だったのだろう。美酒。

竹の露

| コメント(0)

竹の露


 読書ノートに、『現代イスラムの潮流』『1984年』を追加。

 鶴岡の純吟・竹の露。好バランスの美酒。大山と同系統の風味だが、コチラのほうがずっとスッキリしている。

亀吉

| コメント(0)

亀吉

 台風による被害は、第二次きゅうりの倒壊だけかと思ったが、ゴーヤのヤグラも半倒壊。その他、いろんな作物が倒伏した。
 白菜小苗の植えつけ。
 草むしり。

 黒石市の純吟・亀吉。バランスのよい美酒。やはりレベルが高い。飲む人のレベルが高いから、こんな美味しい酒ができるんだろう。

| コメント(0)


 宮ねぎの種まき。
 夏の間のメンテがやや面倒なのだが、なんと言っても冬の間の準主食である。

 ねぎの畝の草むしり。

 黒石市の純米・賜。
 青森県の酒は初めて飲むが、非常にハイレベルな酒。

 バカみたいな値段のついた酒もあるようだが、そういうのはお金の余ってる人に飲んでいただこう。
 また津軽に行きたくなっちまった。困ったことだ。

純米・七笑

| コメント(0)

純米・七笑

 朝7時前に家を出て20時過ぎに帰宅するという一週間がやっと終わって、ようやく仕事のない日。

 まいておいた白菜の芽が出た。
 のらぼう菜と三陸つぼみ菜も本葉になった。
 冬野菜も着々と準備できている。

 自宅でチョイとネギがほしいときのために、ワケギの種球をプランターに植えつけ。

 畑で草むしりの傍ら、たたら辛味大根の種まき。
 芽が出れば、コオロギとハムシに気を使うけれど、しっかりメンテすれば、冬のあいだ大根が食える。

 風越山に登ったあと、木曽の道の駅で日本酒を見ていたら、年配の方が「このお酒の米はぼくが作ったのです。とても美味しいです」と話しかけてきた。美山錦だそうだ。口に含んだ印象は、軽くて飲みやすい感じだが、米の味がしっかりしている。信州の酒らしい質実剛健・やや華やかな酒だった。

内山乃雫

| コメント(2)

内山乃雫

 北信・中野市の特別純米・内山乃雫。
 雪の中から今朝掘り出した酒を味わう。
 とてつもない美酒。穏やかな吟醸香・どっしりした米と麹の味・全体のバランス。ことごとくが絶妙だ。

風越青嵐

| コメント(2)

風越青嵐

 早朝に畑仕事。
 退勤後に日没まで、畑仕事。昔は毎日、こうだった。
 これで、じゃがいもを掘り終えた。

 超貧果。
 それにしても雨が降る前にじゃがいもが終わって、ホッとした。

 写真は、木曽の純吟・風越青嵐。かなり芳醇系な酒。
 諏訪の真澄と同系統の風味だが、真澄よりずっと美味い。
 米と麹の味がすこぶる強く、ライトな飲み口の越後の酒とは対称的だ。
 これだけ重い酒なら飲みすぎることもない。

 風越山は飯田の山なのに、どうして木曽の酒が風越青嵐なんだろう。

 ニイニイゼミ初鳴き。

澤の花

| コメント(0)

澤の花

 自宅の梅の剪定。
 今年も梅は違い年らしく、実は少ない。
 
 また雨になるので、庭の草花の植え替え。

 畑の夏野菜たちに追肥。
 じゃがいも(シンシア)の試し掘り。
 ひどい貧果だが、まぁよしとする。

 引き続き、草むしり。
 あぜのふき摘み、

 佐久市の純吟・澤の花。鼎と同系統のこれまた美酒。生酒なので、かすかに濁っている。

幻舞

| コメント(0)

幻舞

 雨の日の明け方、目がまだ覚めきらない夢うつつの時に、「雨ふれふれ」という鳴き声が聞こえる。
 アカショウビンが鳴いたのかな、と思って目が覚める。
 するとはっきりと、「雨ふれふれ」が聞こえる。
 アカショウビンは、梅雨どきの鳥である。

 少しのやみ間に畑の草むしり。
 真冬に種まきしておいた人参が、食べられるようになった。

 きれいな紫陽花を売っていたので、買ってきて庭に植えた。

 これは、信州川中島の純吟・幻舞。言うことなし。ほぼ芸術品の域に達した酒だと思う。

1  2  3  4  5  6  7  8

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0