フジ花酒

 フジの花が咲き始めました。
 ちょっとした里山に、こんなたくさんのフジが生えていたのかと驚くほど、たくさんの花房が、ぶら下がっています。

 きのこ原木用の雑木林にフジが生えてるのを見つけたら、鉈で伐り払わなくてはいけません。
 そうしないと、木に巻きついたフジは、その木をぐるぐる巻きにしたあげく、絞め殺して引き倒してしまいます。
 10センチ以上にも育ったフジは、床柱なんかにはいいかもしれませんが、雑木には大敵です。

 到るところでフジを見るのは、里に近い渓流です。
 渓流の瀬音と、とても気持ちのよい酸素のにおい(?)、ミソサザイのさえずりを聞きながら育ったフジの花は、とてもおいしそうです。
 美しく澄んだ安谷川の流れの上に垂れていた、いくつかの房を摘んで、酒にしてみました。

 クズやニセアカシアと同様、花は洗わずに、そのままホワイトリカーに漬けます。
 引き上げは3〜4日後。そして、熟成1年。

 できあがった酒は、ほとんど無色透明。
 光に透かしてみると、ほんの少し、褐色がかっているのがわかります。

 ヤマブドウやガマズミの酒が色を楽しむ酒なら、ニセアカシアやフジは、匂いを楽しむ酒でしょう。
 これをひとくち、口に含むと、初夏を待つ、甘い花の香りがひろがりました。

 あの日もやっぱり、ひとつも釣れませんでした。
 でも、愉しかった。

 外はまた雨。
 畑の作物には、恵みの雨です。
 今晩は毛鉤を巻こう。
 雨があがったら、また釣りに行こう。