コミヤマカタバミ

| コメント(0)

2005,6,25 北信黒姫山

 コミヤマカタバミはなかなか気むずかしい花で、光が当たらないと花が開いてくれません。
 ちょっとした深山であれば、たいていの山に咲いているのですが、このように思いっきり開花した姿が見れる機会はめったにありません。
 七ツ池周辺の樹林帯にはオサバグサが大開花していて、それはそれですばらしかったのですが、ツマトリソウなどに混じってコミヤマカタバミがそこここに咲いているのも、なかなかのものだったのです。

ミヤマカタバミ

| コメント(0)

2002,4,5 霊仙山
 ミヤマカタバミは、こちらの地方(埼玉県秩父)でもときどき見る花ですが、それほど大きな群落は見たことがなかったのです。

 御池岳でも霊仙山でも、登山道の入口付近の斜面で、まるでニリンソウのように大群生していました。

ミヤマカタバミ

| コメント(0)


 初夏の高山に行くと、コミヤマカタバミをよく見ます。
 梅雨時に見るせいか、完全に花開いた姿を見せることが少ない花です。
 コミヤマカタバミの仲間で、ミヤマカタバミという花があります。
 これは、早春の低山でも見られる花ですが、コミヤマカタバミほどよく見る花ではありません。
 ある年、早春の妻坂峠に通ったことがありました。
 峠まで、ゆっくり歩いて一時間ほど。そこにいろいろな花が咲いています。
 足元に見なれない、美しい花を見つけました。
 それがミヤマカタバミとの出会いでした。
 それからも時おりこの花を見ますが、はじめて見た妻坂の花がいちばんあざやかだったような気がします。
1

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.0