教育

佐野眞一『遠い「山びこ」』

 『山びこ学校』の周辺を詳細に取材した書。

大田堯『証言』

 教育現場から教育学が存在しなくなって久しい。

 大学の教職課程には、教育とは何かを学ぶ「教育原理」や子どもの発達の論理を学ぶ「教育心理」という科目があって、そこで基本的なことを学んだ。

奥田美穂『絵の記録』

 「教員赤化事件」で教壇を追われたのち、東京で社会教育に関する仕事をされたという著者の小説集。

 折り目正しく誠実に自己を見つめた、小説らしい小説で、たいへん読み応えがあった。

青砥恭編著『「学校崩壊」を斬る』

 学校という世界は、普通の人には理解できない一種独特の論理で動いているのだろうと思う。
 この世界を構成しているのは、とりあえず生徒と教師である。

野田正彰『させられる教育』

 「日の丸」「君が代」の強制が、教師の心性と教育にどのような悪影響を及ぼしているかを、精神医学の見地を含めて論じている。

 教育格差の実態や背景に詳しい評論家による、これまた内容濃い対談。
 森永氏は経済学から、尾木氏は教育政策の面から、新自由主義経済とその教育政策を斬っておられる。

 大阪府知事が「社会に出たら全部競争。競争を否定して、競争の荒波に子どもたちを放り投げて後は知らん顔する。一部の教員の無責任な態度だ」(2008,11,25 Asahi com)などという発言をすると、多くの人が支持する。
 この発言は基本的にピントはずれなのだが、なぜ的外れなのかをきちんと説明するのは、そう簡単ではない。

増田都子『たたかう! 社会科教師』

 東京都教育委員会の暴走ぶりは、異常そのものである。
 教育委員だった将棋指しが2004年に、「日本中の学校で国旗を掲げ国歌を斉唱させるのが私の仕事であります」と述べて天皇から「強制でないのが望ましい」とたしなめられたニュースがあった。
 東京の教育の世界では、右翼的であればあるほど喜ばれると思っているのだろう。

畠山剛『学校が消えた』

 岩手県の山村において、小中学校がどのようにして作られ、どのようにして消滅しつつあるかをあとづけた書。
 学校が、子どもの権利を保障するためでなく、国家の都合により適宜存廃されてきた歴史を明らかにしている。

シング『狼に育てられた子』

 学生時代の1975年に受講した「教育心理学」の講座で先生に読むように勧められた記憶があるのだが、奥付を見ると1977年刊とある。
 読めと言われたのはたぶん、同名のゲゼル著の方だろう。

1  2