食べものと身体

藤田紘一郎『こころの免疫学』

 ヒトの身体における、精神を安定させる機能と免疫機能とが、腸の状態と連動していることを説いた本。ある程度専門的である。

村井吉敬『エビと日本人2』

 同じ著者による『エビと日本人』(1988年)の全面改稿版。

 本書には、エビをめぐるこの20年の変化が追われている。

古守豊甫『長生きの研究』

 内容的には『短命化が始まった』と重なる部分が多い。

農文協文化部『短命化が始まった』

> 山梨県棡原村をフィールドとする、食生活と食意識の調査報告。

 たいへんな力作である。

 遺伝子を操作することができる社会が到来しつつある中で、今後、どのような問題が生起するのかを縦横に語った対談録。

> 雑穀食に関するシンポジウム記録。

 従って、問題を深く掘り下げた本ではない。

山下惣一『産地直想』

 佐賀県の専業農民である著者のエッセイ集。

山下惣一『身土不二の探究』

 「身土不二」とは、肉体と大地は二つのものではないという意味である。

 人が、大地に依って生きているというのはあたりまえのことだが、資本の論理は、人と大地を引き剥がそうと作用する。

島村菜津『スローフードな日本!』

 『スローフードな人生!』の著者による、日本列島のスローフード紹介。

島村菜津『スローフードな人生!』

 自分が毎日食っているのはたぶん、スローフードだと思う。

1  2  3  4