宗教と民俗

 大峯で千日回峰行を行った青年僧と禅僧の対話。

沖浦和光『天皇の国・賤民の国』

 列島の歴史の素描。
 網野善彦氏の列島史は文献や考古資料によって徹底的な実証を経て描かれているが、本書の記述はとくに文献的な実証についてはラフイメージである。

沖浦和光『瀬戸内の民俗誌』

 無数の島々が浮かぶ瀬戸内海に生きた人びとの歴史を描いた書。
 考察の対象は、島の「農民」ではなく、海を生活の主たる舞台としてた人びと(本書では「海民」と呼ばれている)である。

五木寛之『隠れ念仏と隠し念仏』

 浄土真宗の流れの中には、江戸時代に、権力や世間から信仰を隠蔽した人々が存在した。
 そもそも、列島の諸大名の中に、真宗信仰を禁じたものがいたということ自体、認識していなかった。

五木寛之『宗教都市と前衛都市』

 著者による、大阪・京都紀行。

木下達文『木食白道』

 微笑する荒彫りの仏像の作者といえば円空を想起するが、甲州に木喰行道とその弟子の木食白道がいる。
 本書は、史料の少ない白道の評伝である。

沖浦和光『幻の漂泊民・サンカ』

 文献史料とフィールドワークの両面からサンカの歴史的位置について考察した書。
 三角寛のサンカ「研究」をていねいに論破している。

 著者による金沢・大和紀行。

五木寛之『風の王国』

 大血川は、魚は多い割にスレていて、なかなか釣れないが、通い慣れた川だ。
 主人公が、大血川の崖下で生まれたことになっているから、この小説を読んでちょっと驚いた。

五木寛之『蓮如』

 蓮如の生涯と思想をコンパクトにまとめた本だが、著者自身は伝記というほどの著作ではないと断っている。

1  2  3  4  5