近世史

渡辺尚志『百姓たちの山争い裁判』

 村方騒動も多くの場合訴訟という形になる。
 その展開をていねいに見ていくと、小前の政治的主体形成を追うことができる。

若尾政希『百姓一揆』

 百姓一揆物語の検討を中心に、百姓一揆像を見直した書。

司馬遼太郎『功名が辻』(1-4)

 山内一豊と千代の伝記小説。

安部龍太郎『戦国の山城をゆく』

 戦国時代の山城紀行。歴史学的な考察した書ではない。

田端泰子『山内一豊と千代』

 山内一豊と千代を中心に、戦国大名の家族について考察した書。

深沢七郎『笛吹川』

 戦国時代の石和周辺の村の一家に起きたできごとを淡々と描いた小説。

渡辺武『戦国のゲルニカ』

 「大坂夏の陣図屏風」を絵解きした本。

栗田良助『悪惣』

 武州世直し一揆を、指導者の一人とされる下成木村惣五郎を中心に描いた小説。

佐藤健一『和算家の旅日記』

 江戸時代における数学の発達や普及がどのように行われたかを簡略に述べた書。
 類書を見ないので、興味深く読んだ。

佐藤健一『真説 甲州一揆』

 郡内騒動の概略と、その頭取だった犬目村兵助の逃亡の顛末をまとめた書。郡内騒動を歴史的に位置づけようとした書ではない。

1  2  3  4  5