登山用具

メスティンその他
テントの中


 梅雨も佳境に入ってきた。
 朝はいくらか草むしりができたが、午前中から、そこそこの雨が降り続いているので、夕方の農作業はなし。

 最近の山道具をいくつか。

 飯炊きには、トランギア・メスティンの1合用。
 蓋がきっちり閉まるので、吹きこぼれが少なく、うまくやれば、焦げることもない。
 形が独特だが、ラーメンも作れる。
 ただ、アルミ切断部分のバリをとってないので、注意してないと、指をケガする。

 チタンのフライパンは、かなり前から使っている。
 これは熱伝導がよすぎて、すぐに焦げつくから、ちっともおすすめでない。フライパンは、アルミのほうがよい。

 キッコーマンの「うちのごはん」シリーズは、いかにもアウトドアに使えそうな商品である。
 が、粉末をかけて焼けば揚げ物ができるというのは、看板通りにはいかない。
 もっとも、使い方の工夫しだいで、それなりに使えると思う。

 テントは、アライテントのエアライズ1。
 20数年以前から使っているエアライズ2(旧モデル)も現役だが、エアライズ1の軽さと快適さは、感動モノだ。

 マットは、この前の厳冬期から、ネオエアー Xサーモ(全身用)を使っている。
 山での夜間の冷気は、ほとんど、地面からやってくるから、安眠のために、よいマットは不可欠である。

 以前は、サーマレスト・ウルトラライトの半身用を使っていた。
 昨年は、劇的に軽量なこちらを使ったが、耐久性に問題があった。

 ネオエアー Xサーモは、冷気遮断能力においては、ウルトラライト等をはるかに凌ぎ、軽量さの点でも文句がない。
 厳冬期の雪洞内で使っても、全身用であれば、足先の冷えが殆どなかった。

 難点は、付属のポンプがあまりにお粗末なため、呼気でふくらませるしかないのだが、かなり厚いので、使える状態にするのに時間がかかリ疲れるという点。
 軽量な分、耐久性に不安があり、穴が開く心配がある点。
 呼気でふくらませると、水蒸気がマット内部にはいり、厳冬期など、それが凍結するのではないかと心配される点などであるが、今のところ、問題なく使えている。

 シュラフは、モンベルのスーパータフバッグ(#6じゃないかと思う)で、こちらは20年くらい使っている。
 3シーズン用として、かさばる以外に特に問題ないのだが、最近、何を考えているんだか、雌猫にマーキングされた。
 頭痛がするほど臭いので、本日、購入以来初めて、クリーニングに出した。

小雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

赤岩峠


 大雪予報だったが、小雨が申し訳程度にしか降らなかったので、助かった。
 今日一日で、路面の雪がかなり溶けた。

 写真は、赤岩峠あたりの岩尾根。
 天気がよくても、雪を掘らないと手がかり・足がかりが出てこないのでは、ちょっと登れない。

 この日は、アイゼンより、ワカンが必要な状態だった。
 ずっと使ってるアルミワカンのベルトが不良なので、こちらのベルトセットに取り替えた。

 来月、地吹雪(でなければよいが)の安達太良連峰で使う予定。

 ワカンを固定するには具合がよいが、装着に慣れがやや必要なようなのと、オーバーミトンを履いたままで装着するにはやや細かな作業が必要そうなのが気がかり。

軽量化

| コメント(0) | トラックバック(0)

 週明けから数日間、南アルプス方面へ業務山行の予定である。
 同世代の人々に比べれば、ランニングや筋トレなどにいそしんでいるつもりだが、体力が下りあんばいであることは否定できない。

 今年になって、三条の湯丸川荘など、営業している山小屋に泊まる山行を始めて、ラクで楽しい思いをさせていただいた。
 しかし業務で出かける際には基本的にテント山行となる。

 そうなると必然的に、装備の軽量化という方向に目が向かわざるをえない。
 ちょっとググれば、登山用具の軽量化サイトがいくらでも出てくるのは、老いも若き(昨年あたりから若者が山で急増している)も、軽さを求めているからだろう。

 山道具も長く使っていると、更新すべきものが出てくる。
 今年になってからまずは、登山靴を新しくした。
 これ以上軽いと、とても信用して雪山になど行けないほど、軽い。

 13年ほど使った雨合羽も、先月、更新した。
 雨合羽の定番であるゴアテックスは、革命的な素材だったらしい(登山を始めたころには既に一般化していた)が、ある程度耐久性のある3レイヤー型だと、そこそこ重い。
 今度のは、ファイントラックのエバーブレス素材を使ったものである。
 本番ではまだ使う機会がないが、梅雨明け以来、ずっと頑張ってきた太平洋高気圧が、山に行く来週になって腰折れしてきそうなので、使う機会がありそうだ。

 テント用マットは今回、ガレージメーカーである山と道のU.L.Pad15s+を使ってみようと思っている。
 最近出たばかりだが、山に行くと意外と頻繁に見かける気がする。
 収納性はサーマレストがよいのだが、大型化・若干軽量化することで、どんな問題があるか、というところ。

 まだ利用したことはないのだが、こんなお店もあって、ときどき、チェックしている。

バイオレ GTX

| コメント(0) | トラックバック(0)

バイオレ GTX


 退勤後、糯キビの種まき。
 キビの播種はこれで終わり。

 陸稲にかけてあった網を外して追肥。
 生育にずいぶんムラがあるのだが、これからどんどん育ってほしい。

 先週の鳳凰三山から、新しい登山靴を使っている。
 変えた理由は、雲取山に登った時に、アッパーの革が破けているのに気づいたから。

 20年ほど前に買ったハンワグ・ロッキーは15年近く使った。
 2006年2月から、< ガルモント TOP ESASY GTX >という軽量の靴を使っていたが、6年で破けた。
 今度の靴は、< LOWA バイオレ GTX >だが、TOP ESASYよりまだ一段と、軽い。
 雪山一泊なら可と書いてあったのだが、ほんとに大丈夫なんだろうか。
 それにしても、靴が軽いと歩くのがえらく、ラクになるのである。
 こんなにラクをしていいんだろうか。

シルバーホルン

| コメント(0) | トラックバック(0)

シルバーホルン

 雨らしい雨が降ったのは、ずいぶん久しぶりだった。
 そして、朝の気温が氷点下でなかったのは年末の23日以来、約2ヶ月ぶりだった。
 この雨のおかげで、雪がずいぶん溶けてしまった。
 今夜は一時的な冬型となり、冷たい風が吹いているが、明日は移動性高気圧で、季節は春の周期変化に入っている。

 定時に退勤できたので、ジャガイモ予定地・キャベツ予定地などを耕しはじめた。
 すぐに日が暮れるので、あまり長時間はできないが、すこしずつ進捗している。

 プラブーツに代わる、厳冬期用の登山靴を購入した。
 普段履きの靴は、厳冬期の日帰りか、春山で山中一泊が限界である。
 今の登山だとそれで十分なのだが、2月の安達太良あたりに行くとなると、これでは無理なのだ。

 LOWA シルバーホルン GTX(UK7)。

 読書ノートに『役行者と修験道』『ダムに沈んだ村』を追加。

登谷山の鳥たち

| コメント(0) | トラックバック(0)

ハクセキレイ

ミヤマホオジロ

ルリビタキ

ウソ

 2月早々に、雪山への業務山行の予定が入っている。
 普段履きの登山靴は、深雪の中で使えるようなものではないのだが、以前から使っていたプラブーツがある。
 と思っていたら、プラブーツ(コフラック ウルトラバリオ と書いてある)は、19年前に購入したものだという事実を思い出した。

 この前に使ったのは6年前だったが、その時点で、購入以来13年を経ていたのだった。
 いくつかのサイトを覗いてみると、プラブーツには、加水分解という恐ろしい現象が必然的に起きるものであり、耐用期限は5年程度とある。
 ちょっと見にはしっかりしているように見える靴だが、いきなり粉々に砕け散るというのは、勘弁だ。

 安心して雪山に行くには、しっかりした革の靴が必要だが、今後、それほどの山にたびたび出かける予定はなく、新しい冬用登山靴を買うかどうか、考え中。
 今回はとりあえず、職場のプラブーツを借用するつもり。

 写真は、登谷山の鳥たち。

オレゴン450

| コメント(0) | トラックバック(0)

 朝、宮内菜小苗の植えつけ・大根の種まきと潅水。
 夕方、全体的に潅水。

 先々月、アヤメ平に行ったときに、ガーミン イートレックス レジェンド が壊れているのに気がついた。
 笠ヶ岳に行ったときには、正常に動作していた(とはいえクリックスティックがあまり言うことを聞かなくなっていたが)ので、その後、壊れたのだと思う。
 修理が可能かどうか、調べているのだが、購入からずいぶん時間がたっているので、とりあえずレジェンドとは別の機種を試してみようと思った。

 で、白倉岳に登ったとき以来、オレゴン450(英語版)を使っている。
 日本語が使えないのはやや不便(ウェイポイントの名前が表示されない)だが、それ以外にはさほど困ってもいない。
 何より、GPSの基本機能たる衛生情報の捕捉が レジェンドよりはるかに優れているし、日本地形図をインストールすることはできるので、 レジェンドでは捕捉困難だった樹林帯や谷道でも、現在地を把握しやすいのがよい。

前の10件 1  2

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0