ネギ

スカリ山

| コメント(0)


本仁田山・棒ノ折山・川苔山・鷹ノ巣山・蕎麦粒山


大持山・小持山・武川岳・武甲山

 先月に引き続き、鎌北湖周辺を歩いてきた。

 今回は、自動車で鎌北湖まで行って、北向地蔵-スカリ山-通行止めルート-鎌北湖と歩いてきた。
 概ね植林の、地味なコースだが、北からいくらか強い風が吹いていて、じっとしていると寒かった。

 お昼前には下山して、夕方まで農作業。

 ネギの土寄せ。
 5月初旬に大量に植えた下仁田ネギが、とてもよくできた。
 この冬はネギを飽食できそうで楽しみだ。

 タマネギの植えつけ準備。
 苗はまずまずよくできているので、2週間くらいたてば、植えつけできるだろう。

 インゲン豆摘みと里芋掘り。
 今年の里芋は、とてつもない大収穫だ。

 帰宅後、インゲンとヤーコンの処理。

 写真は、スカリ山からの展望。

鹿俣山山行記

| コメント(0)


ヌメリツバタケモドキ1


ヌメリツバタケモドキ2


ナラタケ1


ナラタケ2


ブナハリタケ


 朝、ネギ小苗まわりの草むしり。

 陽光を特に必要とし、成長の緩慢なネギ類は、芽が出た時から丹念な草取りが必要である。
 ろくに超過勤務もしなかったのだが、日没のため、夕方の畑仕事はできなかった。

 北上州の山日記に、鹿俣山山行記を追加。

クロカワの酢の物

| コメント(0)


クロカワの酢の物1


クロカワの酢の物2


 寒冷前線が通過したはずだが、雨は降らなかった。
 昨日遊んだので、終日農作業。

 玉レタス小苗の植えつけ。

 残っていた宮ネギの種まき。
 すでにまいた分は少しずつ発芽している。

 アスパラガスの手入れ。
 夏の間に成長した幹が倒伏すると折れてしまうので、倒れないように支柱を立ててやる。
 この春に株分けした大量のアスパラは、ほとんど根づいて、来春の収穫が楽しみな状態だ。

 キュウリ支柱の片づけ。
 夏キュウリ・秋キュウリともに終了。

 イチゴ(ダナー)のランナーをとって、植えつけ。
 こととは春に植えつけたのだが、ほとんど収穫できなかった。
 来年はうまくいってほしい。

 昨日のクロカワは、ほぼ、お腹に入った。

ハナビラタケの炒め飯

| コメント(0)


ハナビラタケの炒め飯


 風呂用の薪作りを半日。
 あと半日は、農作業。

 西瓜あとにマルチを張って、ほうれん草・カブ(開田蕪)の種まき。
 玉ねぎ(ノンクーラー)とネギ(宮ネギ)の種まき。
 三陸つぼみ菜の小苗植えつけ。

 カボチャあとを片づけ始めた。

 写真は、ハナビラタケの炒め飯。
 和名倉山で拾得したハナビラタケだが、乾燥して保管している。
 乾燥させると、旨味が凝縮される。

田植え

| コメント(0)


蒸しジャガイモ


 朝から田植え。

 4枚のうち1枚は手で植え、残り3枚は田植機で植えていただいた。
 田んぼの水は、思ったとおり、ずいぶん抜けていたので、水を入れなおした。

 苗の抜けたところを補植したりなどして午後までかかったが、とりあえず田植えという大仕事が終わってよかった。

 その後、日没まで畑の作業。

 宮ネギ苗の植えつけ。
 昨秋にまいた宮ネギは結局、40本くらいしか育たなかった。

 で、宮ネギと三陸つぼみ菜の種とり。
 今年はなんとか、たくさんの苗を作りたい。

 下仁田ネギの土寄せ。
 里芋の土寄せ。

 赤大豆の種まき準備。
 西瓜の植えつけ準備。

 ジャガイモ(インカのひとみ)の掘りとり。

 そら豆ができ始まった。
 ということで、春の端境がようやく終わって、いろんな食べものが自給できるようになってきた。

ネギ苗購入山行

| コメント(0)


浅間山から望む四ツ又山


同じく鹿岳


富士山から望む四ツ又山と鹿岳


 昨日買ったネギ苗がとてもよかったので、またネギ苗買いに下仁田に行き、ついでに浅間山と富士山をハシゴしてきた。
 などと書くと、とうとうこいつもヤキが回ったなと思われそうだが、下仁田には浅間山も富士山もあるのだ。

 浅間山のルートはこちら
 富士山のルートはこちら

 いずれの山からも、昨日登ったゴシュウ山を始め、下仁田周辺の山を望むことができてよかった。

 ネギ苗は昨日120本ほど植えたのだが、今日さらに260本ほど買ってきて植えつけた。
 ネギをたくさん植えたため、さつまいもと陸稲は、今年はお休みにするつもり。
 先の冬はネギを飽食できずに残念だったのだが、来冬は下仁田ネギをたくさん食べることができそうで、楽しみだ。

 その他キャベツ苗の植えつけ。
 ビニールポットのゴーヤが発芽し始めた。

ゴシュウ山

| コメント(0)


ヤマツツジ


ミツバツツジ


ヤマナシ


 昨日よく働いたので、今日は山遊び。

 下仁田町のゴシュウ山に行った(ルート)。
 この山域では、冷や汗をかくことが多いのだが、今日もまたそんな感じだった。

 馬居沢集落の奥から木々岩峠に上がり、尾根道をゴシュウ山へ至って、秋葉山経由でもとのところに戻るというつもりで、事実そのように歩いたのだが、木々岩峠道は完全に廃道で、沢を詰めていったらどうにもならない奥壁にぶつかった(地形図にも岩場記号の記載がある)。

 岩根伝いにトラバースしてショートクライミングでようやく尾根に出ることができ、あとは問題なかった。

 ミツバツツジはほぼ終わりかけだったが、ヤマツツジはちょうど見ごろだった。

 下仁田でネギ苗(下仁田葱)を買ったが、安くてよい苗だった。

 下山後、畑に行って、さっそくネギ苗の植えつけ。
 キュウリに支柱立て。

大岳山山行記

| コメント(0)


上高岩山展望台から大岳山


大嶽神社のお狗様


大岳山から雲取山・鷹ノ巣山


御岳山奥の院の石祠


ロウバイ咲く


 神経を使う仕事の一週間がようやく終わった。

 種ジャガイモの植えつけは3月下旬ころがいいのだが、そのころは別の作業で忙しいから、できればこの週末あたり少しでも植えようと思って、日没まで予定地の耕耘。
 全部は終わらなかった。

 下仁田ネギの種まき。

 昨秋に宮ネギの種をまいたのがよく発芽したのだが、晩秋ころにほとんどが枯れてしまった。
 一昨秋も同じようだったため、この冬は、ネギをたくさん食べることができなかった。
 冬のネギはじつに美味な野菜だから、やはり、たくさん作っておきたいものである。

 大岳山山行記を追加。

水ノ戸から栂峠

| コメント(0) | トラックバック(0)
ハナイグチ1


ハナイグチ2



 十石街道の水ノ戸から栂峠を歩いてきた(ルート)。

 コースとしては、北相木から栂峠の続きになる。

 実踏してみた結果、北相木加和志集落から水ノ戸まで、実働4時間ほどである。

 水ノ戸から白井まで、3時間程度と思われるので、北相木から楢原まで実働7-8時間、健脚なら一日で秩父まで駆け抜けることも可能かと思われる(ハイキングでなく秩父困民党の話)。

 作業道が開削されたり、廃道化したあと、自転車乗りの人々によって再整備されたりしているので、かつてのルートを完全にトレースできたわけではないだろうが、まぁほぼ当時のルートだろうと思われる。

 栂峠からは来た道を戻るのでなく、途中から十石峠への尾根を行った。

 カラマツ林が多いので、ハナイグチが点々と出ていた。

 帰ってから、はと麦の脱穀と調製。

 畑に行って、宮ネギの種まき。

 日没になったので、終了。

ごぼうの花

| コメント(0) | トラックバック(0)

ごぼうの花


 前線はこのところ、日本海付近に停滞しており、梅雨明けが近いかのような雰囲気である。
 とはいえ、ほぼ毎日曇で、多少の雨が降っている。

 からっと晴れる日ではなかったが、小麦を脱穀した。
 今年は鳥害が殆どなかったためか、まずまずの収穫だった。

 ラッキョウを半分収穫。
 こちらは、貧果だった。
 原因は、肥料不足。
 ラッキョウに肥料は不要とはいえ、ここ数年、同じ場所でか、無肥料で作っていたので、土が痩せたのだろう。

 ルバーブの収穫。

 大除草とジャガイモ掘りの続き。
 スタールビーを掘りあげた。
 今年のジャガイモは、霜害のため、まれに見る貧果なのだが、スタールビーは、比較的安定した収量をみた。

 ネギ(宮ネギ)の種とり。

 ごぼうの花が咲きはじめた。

前の10件 1  2  3

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0