オプティマス・ベガ

| コメント(0)

谷川岳から関東平野を望む

 退勤後すぐに日が暮れるので、今日も潅水のみ。

 昨日の山行きは、オプティマス・ベガ(Oputimus Vega)の試運転も兼ねた。
 このところ、厳冬期はMSRインタナショナルを白ガスで使い、暖かい時期には同じコンロにCB缶アダプタをつけてカセットボンベで使っている。
 CB缶は燃費が抜群によく、白ガスは必ず燃える信頼性がある。

 白ガスの難点は、プレヒート時に盛大に炎上する点くらいなのだが、それはかなり人目をはばかる程度なので、さりげなくお湯が沸かせるに越したことはない。
 ベガは液出しで使用するので、ガスの気化温度に左右されないはずである。

 使ってみた印象は以下の通り。

 MSRインタナショナルと比べ、かなり軽量・コンパクトである。
 火力に問題なし。
 燃焼音はかなり大きい。
 トロ火は使えない。

 厳冬期に燃焼するかどうかは、その時期にやってみないとわからないが、液出しなのだから、冬の里山程度であれば使えそうな感じ。
 ブリザードのような状況下での使用については、やってみないとなんとも言えない。
 そもそも、やってみる機会がないかもしれない。

 この次に使うのは、冬になってからだ。

 写真は、谷川岳から南東方向の展望だが、天神尾根を少し下ったところから撮っている。
 山頂付近はガスで何も見えなかったが、少し下るだけで別世界なのだ。
 谷川岳は、難しい山だ。

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0