ゆららか 緑川

| コメント(0)

ゆららか 緑川

 冬型気圧配置で、西風が強く、朝はこの時期にしては、そこそこ冷える。
 農作業も、朝の予想気温をにらみながらになる。

 ルバーブ発芽。

 宮ネギ苗への落ち葉・稲わら掛け終了。
 里芋・コンニャク予定地の耕耘。

 軽トラのタイヤ交換。

 六日町の酒屋さんで、どっしりと線の太い酒はありませんかと尋ねたら、それならこれでしょうと冷蔵庫から出してくれたのが、「ゆららか 緑川」だった。
 ずっと以前に、守門村の酒屋さんでも、「純米 緑川」を勧められて買ったことがある。

 やや濁りが入っており、瓶の底に澱が沈殿している。
 瓶をゆすって、澱を撹拌して飲む。

 米の旨味が鮮やかに引き出されていて、心地よい。

コメントする

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0