メスティンその他

| コメント(0) | トラックバック(0)

メスティンその他
テントの中


 梅雨も佳境に入ってきた。
 朝はいくらか草むしりができたが、午前中から、そこそこの雨が降り続いているので、夕方の農作業はなし。

 最近の山道具をいくつか。

 飯炊きには、トランギア・メスティンの1合用。
 蓋がきっちり閉まるので、吹きこぼれが少なく、うまくやれば、焦げることもない。
 形が独特だが、ラーメンも作れる。
 ただ、アルミ切断部分のバリをとってないので、注意してないと、指をケガする。

 チタンのフライパンは、かなり前から使っている。
 これは熱伝導がよすぎて、すぐに焦げつくから、ちっともおすすめでない。フライパンは、アルミのほうがよい。

 キッコーマンの「うちのごはん」シリーズは、いかにもアウトドアに使えそうな商品である。
 が、粉末をかけて焼けば揚げ物ができるというのは、看板通りにはいかない。
 もっとも、使い方の工夫しだいで、それなりに使えると思う。

 テントは、アライテントのエアライズ1。
 20数年以前から使っているエアライズ2(旧モデル)も現役だが、エアライズ1の軽さと快適さは、感動モノだ。

 マットは、この前の厳冬期から、ネオエアー Xサーモ(全身用)を使っている。
 山での夜間の冷気は、ほとんど、地面からやってくるから、安眠のために、よいマットは不可欠である。

 以前は、サーマレスト・ウルトラライトの半身用を使っていた。
 昨年は、劇的に軽量なこちらを使ったが、耐久性に問題があった。

 ネオエアー Xサーモは、冷気遮断能力においては、ウルトラライト等をはるかに凌ぎ、軽量さの点でも文句がない。
 厳冬期の雪洞内で使っても、全身用であれば、足先の冷えが殆どなかった。

 難点は、付属のポンプがあまりにお粗末なため、呼気でふくらませるしかないのだが、かなり厚いので、使える状態にするのに時間がかかリ疲れるという点。
 軽量な分、耐久性に不安があり、穴が開く心配がある点。
 呼気でふくらませると、水蒸気がマット内部にはいり、厳冬期など、それが凍結するのではないかと心配される点などであるが、今のところ、問題なく使えている。

 シュラフは、モンベルのスーパータフバッグ(#6じゃないかと思う)で、こちらは20年くらい使っている。
 3シーズン用として、かさばる以外に特に問題ないのだが、最近、何を考えているんだか、雌猫にマーキングされた。
 頭痛がするほど臭いので、本日、購入以来初めて、クリーニングに出した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog-yasutani.xrea.jp/mt5/mt-tb.cgi/6239

コメントする

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

カテゴリ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0